広島V3の立役者・大瀬良が初の最多勝タイトル獲得…菅野とともに15勝で

単独1位はならず・・・


広島の大瀬良 (撮影・奥 調)
広島の大瀬良 (撮影・奥 調)

広島・大瀬良大地投手(27)の自身初となる最多勝のタイトルが9日、決定した。

大瀬良は今季チーム最終戦となった7日のDeNA戦(マツダ)に先発登板。8回で8三振を奪い6安打3失点と力投したが、3―3の時点で降板したためリーグ単独トップとなる16勝目を手にすることはできなかった。

15勝で並んでいた巨人・菅野智之投手(28)は今季最終戦となった9日の阪神戦(甲子園)で新人時代の2013年10月8日のヤクルト戦(東京D)以来1827日ぶりプロ2度目となるリリーフ登板を果たしたが、9―4と5点リードの場面だったため勝利もセーブも付かず、菅野と大瀬良の最多勝が決まった。

大瀬良は長崎日大高、九州共立大を経て2013年ドラフト1位で広島入り。翌14年に10勝(8敗)を挙げて新人王を獲得した。今季成績はすべて先発で27試合に登板し、15勝7敗。防御率は2・62だった。

情報源:広島V3の立役者・大瀬良が初の最多勝タイトル獲得…菅野とともに15勝で(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島V3の立役者・大瀬良が初の最多勝タイトル獲得…菅野とともに15勝で― スポニチ Sponichi Annex 野球


広島・大瀬良大地投手
広島・大瀬良大地投手

広島・大瀬良大地投手が9日、自身初の最多勝のタイトルを確定させた。

この日、15勝で並んでいた巨人・菅野のレギュラーシーズンが終了。大瀬良は今季最終戦の7日のDeNA戦で8回3失点も勝利を飾れず、15勝どまりとなっていた。

この日、菅野が救援登板。試合展開によってはリードを許す可能性もあったが、菅野に勝ちはつかず、大瀬良と並んで両者タイトル獲得となった。

大瀬良は15勝7敗、2・62でリーグ優勝に貢献した。

情報源:広島大瀬良、自身初の最多勝が確定 菅野と15勝でタイトル分け合う(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:大瀬良、自身初の最多勝が確定 菅野と15勝でタイトル分け合う/カープ/デイリースポーツ online


おめでとうございます。


記事の有効期限: 2018年12月9日 Sunday 11:05pm