菊池が逆転の2点適時二塁打「必死に食らいついて」

よく打った。


5回、勝ち越しの2点適時二塁打を放つ菊池
5回、勝ち越しの2点適時二塁打を放つ菊池

「広島-DeNA」(7日、マツダスタジアム)

広島が0-2の五回に安部友裕内野手と菊池涼介内野手の適時二塁打で3点を奪い逆転に成功した。

1死から会沢が左翼への二塁打を放つと、続く打席には安部。フルカウントから石田のスライダーを左翼フェンス直撃の適時二塁打とし、1点差に詰め寄った。

「何とかつなぐ気持ちでいきました。コースに逆らわずうまく対応することができました」

さらに大瀬良の内野安打などを挟み2死一、三塁。菊池は石田の3球目、高め直球に反応し左越えの2点適時二塁打とした。逆転の一打に「必死に食らいついていきました。大地(一走の大瀬良)がよく走ってくれましたね!」とコメントした。

情報源:広島・菊池が逆転の2点適時二塁打「必死に食らいついて」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:菊池が逆転の2点適時二塁打「必死に食らいついて」/カープ/デイリースポーツ online


<広・D>5回2死一、三塁、菊池は左線に2点適時二塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
<広・D>5回2死一、三塁、菊池は左線に2点適時二塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)

◇セ・リーグ 広島―DeNA(2018年10月7日 マツダ)

広島は、2点劣勢の5回、安部の適時打で1点を追加してなおも2死一、三塁。菊池涼介内野手(28)がDeNA先発・石田から左中間を破る2点適時二塁打を放って、逆転に成功した。

「打ったのはストレート。必死に食らいついていきました。(一塁走者の大瀬良)大地がよく走ってくれましたね」

先発・大瀬良は白星をあげれば、リーグ単独トップの16勝となり、最多勝が確定する。5回、ソトに先制2ランを献上した直後の攻撃で逆転し、大瀬良のタイトル獲得を援護した。

情報源:広島・大瀬良最多勝確定へ、菊池逆転打「必死に食らいついていきました」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島・大瀬良最多勝確定へ、菊池逆転打「必死に食らいついていきました」― スポニチ Sponichi Annex 野球


その後、丸に申告敬遠で四球の球団新記録、単独5位。
1位から4位はすべて王貞治・・・


記事の有効期限: 2018年12月7日 Friday 4:38pm