カープ新井選手の絵本原画展

カープ新井選手の絵本原画展|NHK 広島のニュース

ふむ・・・


今シーズンかぎりでの引退を表明しているカープの新井貴浩選手のこれまでの歩みを描いた絵本の原画展が広島市で開かれています。

この絵本は、広島市出身の新井選手が小学生だった頃からおととしのカープのリーグ優勝までを描いていて、広島市中区の広島三越には絵本に使われた切り絵など27点が展示されています。

カープがおととしリーグ優勝を果たしたときの切り絵は、新井選手が喜びの涙を流しながらチームの仲間に胴上げをされている様子を描いています。

新井選手が通算2000本安打を達成したときの切り絵は、花を手にした選手の生き生きとした表情が印象的な作品に仕上がっています。

会場には今シーズン、カープがクライマックスシリーズを突破することを願って制作された絵もあり「カープ日本一に」というメッセージも添えられています。

絵を担当した切り絵作家の吉田路子さんは「カープの情熱ととともに温かみのある赤の色使いを楽しんでほしい。新井選手が引退するのはさみしいですが、これからの活躍を期待したい」と話していました。

この原画展は来月1日まで開かれています。

情報源:カープ新井選手の絵本原画展|NHK 広島のニュース



へぇ・・・


記事の有効期限: 2018年11月26日 Monday 7:58pm