松山サヨナラ適時打!優勝Mついに「1」24日自力で決める

広島2-1DeNA、ヒーローはサヨナラタイムリーの松山


9回、サヨナラ打を放ち仲間の祝福を受ける松山(右)=撮影・高部洋祐
9回、サヨナラ打を放ち仲間の祝福を受ける松山(右)=撮影・高部洋祐

「広島2-1DeNA」(23日、マツダスタジアム)

3連覇となる優勝へのマジックを「2」としている広島は、1-1の九回に松山竜平外野手の右前サヨナラ適時打で勝利。マジックを「1」とし、24日のDeNA戦に勝てば、3連覇を決めることのできる状況ととなった。

先手を奪ったのはDeNAだった。15勝でハーラートップを走る広島先発・大瀬良から四回にロペスが先制の23号ソロ。広島は六回1死一、二塁の場面で、西川がDeNA先発・石田の142キロに反応。しぶとく三遊間を破る左前適時打で、二走の菊池を迎え入れた。

サヨナラに歓喜しベンチを飛び出す広島ナイン(撮影・飯室逸平)
サヨナラに歓喜しベンチを飛び出す広島ナイン(撮影・飯室逸平)

九回1死2、3塁からDeNA・三嶋の6球目を右前に運んだ松山。「最高でーす!」と今季最多の3万2309人で真っ赤に染まったスタンドに絶叫。「外野フライでもいいと思っていました。すごい緊張したけれど、なんとか打てました」と笑顔を見せた。大歓声に対し「一番の力になる。明日は今日以上にお願いします。明日、絶対勝って優勝決めたいです」と24日の胴上げを誓った。

広島のサヨナラ勝ちは今季8度目。松山のサヨナラ打は2013年4月21日の巨人戦以来、5年ぶり2度目。

9回、サヨナラ安打を放つ松山(撮影・高部洋祐)
9回、サヨナラ安打を放つ松山(撮影・高部洋祐)

24日は広島-DeNA、中日-ヤクルトともにデーゲームが予定されおり、広島が勝利するか、ヤクルトが敗れた場合、広島の3連覇が決まる。

情報源:広島・松山サヨナラ適時打!優勝Mついに「1」24日自力で決める(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:松山サヨナラ適時打!優勝Mついに「1」24日自力で決める/カープ/デイリースポーツ online


9回1死二、三塁、松山はサヨナラの右前適時打を放ち、ベンチに向かってガッツポーズ(撮影・坂田 高浩)
9回1死二、三塁、松山はサヨナラの右前適時打を放ち、ベンチに向かってガッツポーズ(撮影・坂田 高浩)

◇セ・リーグ 広島2―1DeNA(2018年9月23日 マツダ)

広島が松山の右前適時打で9回サヨナラ勝ちを収め、球団初のセ・リーグ3連覇へ向けたマジックを「1」とした。24日のDeNA戦(マツダ)に勝てば、無条件で1991年以来27年ぶりの地元Vが決まる。

広島は1―1で迎えた9回、1死から野間がストレートの四球で歩き、続く会沢が2ストライクと追い込まれてからしぶとく右前に弾き返して一、三塁。代走・堂林の二盗が決まって二、三塁とすると、代打に出ていた松山がDeNA5番手・三嶋から右前へサヨナラ打を放った。

9回、松山のサヨナラ打のわく広島ナイン(撮影・大森 寛明)
9回、松山のサヨナラ打のわく広島ナイン(撮影・大森 寛明)

DeNAは4回、ロペスの左越え23号ソロで先制したが、広島先発・大瀬良からこの1点止まり。広島は5回までDeNA先発の左腕・石田に大瀬良が3回に記録した1安打に抑えられ、自慢の強打線が沈黙していたが、6回、先頭の菊池が敵失で出塁すると、1死後、鈴木が野手初安打となる左前打を放って一、二塁とし、西川の左前適時打で1―1の同点に追いついていた。

情報源:広島 代打・松山の劇的サヨナラ打でマジックついに「1」 24日勝てば無条件で3連覇(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島 代打・松山の劇的サヨナラ打でマジックついに「1」 24日勝てば無条件で3連覇― スポニチ Sponichi Annex 野球


9回裏、松山のサヨナラタイムリー

ヒーローインタビュー:松山竜平

ハイライト


9回裏、1死3塁2塁、代打松山がサヨナラタイムリーヒット。
明日は13時30分からのデイゲーム、ぜひとも勝って優勝を決めてほしい。


記事の有効期限: 2018年11月23日 Friday 10:14pm