ローソンに銀行免許を交付

ローソンに銀行免許を交付

へぇ・・・


金融庁は10日、コンビニ大手の「ローソン」の子会社に銀行業の免許を交付しました。

ローソンに銀行免許を交付
ローソンに銀行免許を交付

金融庁では10日、麻生副総理兼金融担当大臣がローソン銀行の山下雅史社長に免許証を交付し、「銀行の業務はいろいろと変わってきているので利用者の利便性を高める新しい試みを期待している」と述べました。

ローソン銀行は、今後、詳しい事業方針を発表するとしていますが、インターネットバンキングを手がけるほか、ローソンが全国の店舗に展開するおよそ1万3000台のATM=現金自動預け払い機を運営するとしています。

また、サービス開始は10月15日を予定しているということです。

免許証を受け取ったローソン銀行の山下社長は「新しい銀行をつくることに責任を持って当たりたい。小売りの銀行として新しい決済を考えていきたい」と述べました。

金融庁によりますと、銀行業への新規参入は、平成23年4月に大和証券グループ本社が開業した大和ネクスト銀行以来、およそ7年ぶりだということです。

情報源:ローソンに銀行免許を交付 | NHKニュース


「ローソン銀行」に免許交付、金融庁
「ローソン銀行」に免許交付、金融庁

金融庁は、ローソンが設立した「ローソン銀行」に銀行業の免許を交付しました。

麻生金融担当大臣は10日、ローソン銀行に銀行業の免許を交付しました。銀行事業への新規参入は2011年に大和ネクスト銀行が参入して以来7年ぶりで、流通業界では、セブン&アイ・ホールディングスとイオンに続き、3社目です。

ローソンは全国の1万4000を超える店舗網をいかしてATMを活用した金融サービスの提供で利便性を高め、来店客の増加につなげたい考えです。サービス開始は10月の予定です。

情報源:「ローソン銀行」に免許交付、金融庁(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:「ローソン銀行」に免許交付、金融庁 TBS NEWS


ローソンが銀行に参入 コンビニATM活用
ローソンが銀行に参入 コンビニATM活用

大手コンビニチェーン「ローソン」は10日、金融庁から銀行業の免許を取得した。

ローソンの子会社であるローソン銀行は10日、金融庁から銀行業の免許を取得した。

麻生金融担当相「いろいろ銀行業務も変わってきていますし、利用者の利便について、新しい試みを期待しています」

ローソン銀行は、全国のコンビニに展開する1万3000台を超えるATMを軸に、10月15日からサービスを開始する予定。

ローソン銀行・山下雅史社長「まずは今までやってきたATMをきちんと運営していく。加えて小売りの銀行として、決済について新しい決済を考えていきたい」

また、地域の金融機関とも連携していく方針。

銀行の新規参入は7年ぶりで、小売業としてはセブン銀行、イオン銀行に続く3社目となる。

情報源:ローソンが銀行に参入 コンビニATM活用(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:ローソンが銀行に参入 コンビニATM活用|日テレNEWS24


金融庁は10日、ローソン子会社が認可申請中だった「ローソン銀行」について、銀行業の免許を交付した。銀行の新規参入は2011年に大和証券グループ本社が大和ネクスト銀行を開業して以来、7年ぶり。ATMを中心にコンビニエンスストアの店舗網を生かした決済サービスなどを提供する。10月からサービスを開始する。

麻生金融相(左)から銀行免許を受け取るローソン銀行の山下社長(10日午前、金融庁)
麻生金融相(左)から銀行免許を受け取るローソン銀行の山下社長(10日午前、金融庁)

具体的なビジネスモデルは今後公表する。全国約1万4千の店舗網を生かし、コンビニATMを運営するほか、地域金融機関との連携なども視野に入れる。

麻生太郎金融相はローソン銀行の山下雅史社長に免許を手渡した後、「銀行業務は変わってきている。利用者の利便性を上げる新しい試みを期待している」と伝えた。山下社長は記者団に「小売りの銀行として、まずは既存のATMをきちんと運営する」としたうえで「新しい決済や、地域金融機関と連携したい」と述べた。

情報源:「ローソン銀行」免許取得 7年ぶり新規参入  :日本経済新聞



ほぉ・・・