国産初ジェット旅客機MRJ 英 航空ショーでデモ飛行

国産初ジェット旅客機MRJ 英 航空ショーでデモ飛行

ほぉ・・・


納入時期が何度も延期されている国産初のジェット旅客機MRJのデモ飛行が、イギリスの航空ショーで行われました。MRJの飛行の様子が航空関係者に広く公開されたのは初めてで、開発のさらなる遅れへの懸念を取り除き、新たな受注につなげられるかが焦点です。

MRJは三菱重工業の子会社の三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機で、飛行テストは繰り返し行われてきましたが、飛行の様子を航空関係者に広く公開する機会は設けられていませんでした。

こうした中で16日、イギリス南部のファンボローで開幕した世界有数の航空ショーで、MRJのデモ飛行が初めて行われました。

機体には、2年後に最初に納入される予定の全日空のロゴが施され、滑走路でスピードを上げて空に飛び立ちました。

そして、世界の航空関係者が見守る中、およそ7分間、上昇や旋回を繰り返し、飛行性能をアピールしました。

MRJの納入時期は、開発の大幅な遅れからこれまで5回、延期されています。今回のデモ飛行によって、開発のさらなる遅れへの懸念を取り除き、新たな受注につなげられるかが今後の焦点です。

三菱重工の宮永俊一社長は、現地で取材に応じ「世界の関係者には順調に開発が進んでいることを理解してもらえたと思う。これからは安全性のテストを、最新のルールに基づいてしっかり進めていきたい」と述べ、デモ飛行を機に開発にはずみをつけたい考えを示しました。

MRJ開発の現状は

MRJの初号機の納入は、再来年、2020年の半ばに予定されていて、量産化に向けて開発は、詰めの段階に入っています。

三菱航空機では現在、航空機を納入するために必要な「型式証明」と呼ばれる旅客機の安全性を担保する証明を各国で取得するため、アメリカで4機の試験機を使ってテスト飛行を繰り返しているほか、日本でも2機で耐久性などを調べる試験を行っています。さらに納入時期に間に合わせるため、年明けまでに新たに試験機を2機投入し、開発を加速させる方針です。

これまで三菱航空機は、MRJの初号機の納入時期を5回にわたって延期してきました。

MRJは、国内外の航空会社から400機あまりを受注していますが、開発のさらなる遅れは、大規模なキャンセルにつながりかねません。

このため、三菱航空機としては、世界の航空関係者が集まる航空ショーで、実際にMRJを飛ばすことで、開発の遅れへの懸念を払拭(ふっしょく)し、存在感を示したい考えです。

情報源:国産初ジェット旅客機MRJ 英 航空ショーでデモ飛行 | NHKニュース


国産初の小型ジェット旅客機MRJが、イギリスの航空ショーで、初のデモ飛行を披露しました。

「MRJが今飛び立ちました。高度を急速に上げて、その性能を世界にアピールしています」(記者リポート)

イギリスのファンボローで始まった国際航空ショーで、およそ7分間のデモ飛行を披露したMRJは、これまで、設計変更を繰り返し去年、5度目の納入延期になりました。

納入は、2020年半ばが予定されていますが、三菱航空機は、今回の航空ショーで初めて実機を飛ばすことで、騒音の少なさなどをアピールし、開発の遅れのイメージを払拭する狙いです。

「こんなに静かな安定した飛行機だと実感できて、本当にうれしい。遅れた分、追いつかれると言われるが、我々は、さらに先に行けるだけの経験をしたと思っている」(三菱重工業 宮永俊一社長)

小型旅客機を巡っては、航空機大手のボーイング社が、7月、MRJと競合する業界大手ブラジル・エンブラエル社の小型旅客機部門を買収すると発表しました。

強大化するライバル社を前に、どう受注数を伸ばすのか。
MRJにとって、この航空ショーが大きな山場となっています。(17日06:29)

MRJがファンボロー・エアショーで初のデモ飛行 イギリス
MRJがファンボロー・エアショーで初のデモ飛行 イギリス

情報源:MRJがファンボロー・エアショーで初のデモ飛行 イギリス(CBCテレビ) – Yahoo!ニュース

情報源:MRJがファンボロー・エアショーで初のデモ飛行 イギリス | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ


【ファンボロー〈英南部〉=星正道】国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発する三菱航空機(愛知県豊山町)が欧州の空を泳いだ。16日、世界最大級の航空展示会「ファンボロー国際航空ショー」で機体を飛ばして来場者に性能をアピールする「フライトディスプレー(飛行展示)」を初めて実施、成功を収めた。

16日、デモ飛行に成功したMRJ(英ファンボロー)=ロイター
16日、デモ飛行に成功したMRJ(英ファンボロー)=ロイター

MRJは2008年に開発を始めて以降、納期を5度遅延。20年のANAホールディングスへの引き渡しに向け米国で飛行試験を続けていたが今回、飛行展示を成功させたことで顧客の信頼を取り戻し受注に弾みをつけたい考えだ。

現地時間の午後2時37分。当初予定より約10分遅れで飛行展示は始まった。

ファンボロー空港の滑走路でスタンバイしていたMRJは滑り出すように前進。第1号顧客(ローンチカスタマー)である全日本空輸(ANA)の青色の塗装を施したMRJはぐんぐんと速度を上げ、離陸した。

機体は角度をあげて急上昇すると、空港の上空で旋回を繰り返した。プラット&ホイットニー製の最新鋭のエンジンを搭載し、低燃費と低騒音が売り物のMRJ。これまでに飛行展示をした中・大型機に比べ、圧倒的な静粛さで英国の空を悠然と泳いだ。

約10分の飛行中、時折、機体を左右に揺らすなど来場者に「日の丸ジェット機」の存在感をみせつけた。MRJは無事に空港に着陸、初の飛行展示は成功裏に終わった。観覧していた米国航空機器メーカーの男性は「とても見事な飛行展示だった。MRJはこれから注目されるだろう」と語った。

飛行展示終了後、機体の前で握手する(左から)全日空の伊東常務執行役員、三菱重工の宮永社長CEO、三菱航空機の水谷社長(16日、英ファンボロー)
飛行展示終了後、機体の前で握手する(左から)全日空の伊東常務執行役員、三菱重工の宮永社長CEO、三菱航空機の水谷社長(16日、英ファンボロー)

展示終了後、三菱重工業と三菱航空機、ローンチカスタマーのANAの3社はファンボローの会場で記者会見を開いた。 三菱重工の宮永俊一社長兼最高経営責任者(CEO)は「MRJは静かで安定した飛行機と聞いていたが、それを実感できた」と笑顔で感想を述べた。「(飛行展示の成功で)さらに一歩次に進む。ホップ、ステップ、ジャンプになる」と語り、20年半ばのANAHDへの納入に向け決意を新たにした。

ANAで調達を担当する伊東裕取締役常務執行役員は「MRJの納期遅れは誠に残念だ」と述べたうえで、「小型機の退役時期を延長したり、リースで機体を調達したり、リスクヘッジをしており、(MRJの納期遅れによる)事業計画に支障はない」と説明した。

MRJの納期を控え、「MRJは国内線のキーの機材となる。主要都市を結ぶローカル線で大いに活用したい」(伊東氏)とMRJの登場を心待ちにしている様子だった。

情報源:MRJ、初の飛行展示に成功 英航空ショーで披露 (写真=ロイター):日本経済新聞


16日、ロンドン近郊ファンボローで開かれた航空見本市でデモ飛行するMRJ(共同)
16日、ロンドン近郊ファンボローで開かれた航空見本市でデモ飛行するMRJ(共同)

世界最大級の航空見本市「ファンボロー国際航空ショー」が16日、ロンドン近郊ファンボローで開幕した。三菱航空機(愛知県豊山町)は開発中の旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」のデモ飛行を実施。欧州の航空会社へ売り込みを図る。

16日、ロンドン近郊ファンボローで航空見本市に登場したMRJ(ロイター)
16日、ロンドン近郊ファンボローで航空見本市に登場したMRJ(ロイター)

MRJはANAホールディングスや日本航空を含めた世界の航空会社から約400機を受注している。だが、安全性向上のため設計変更を繰り返し、納入時期を5度延期。当初2013年とした初号機の納入時期は現在20年半ばとなっている。

米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港上空を飛行する三菱航空機のMRJ=6月(共同)
米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港上空を飛行する三菱航空機のMRJ=6月(共同)

航空ショーは22日まで開かれ、世界の航空機関連企業が最新の機体などを披露する。欧州エアバスは買収したボンバルディアの新型小型機の名称を「Cシリーズ」から「A220」に変更し展示。米ボーイングの19年に運用を開始する小型機「737 MAX7」は従来機から燃費効率が大幅に向上した。(共同)

情報源:世界最大級の航空見本市でMRJがデモ飛行 欧州の航空会社へ売り込み – 産経ニュース


英ファンボロ-国際航空ショーでデモ飛行を行うMRJ=三沢耕平撮影
英ファンボロ-国際航空ショーでデモ飛行を行うMRJ=三沢耕平撮影

◇航空機見本市「ファンボロー国際航空ショー」

【ファンボロー(英南部)三沢耕平】三菱航空機は16日午後(日本時間同日夜)、英南部ファンボローで開幕した航空機見本市「ファンボロー国際航空ショー」で国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)のデモ飛行を実施した。開発の遅れへの懸念を払拭(ふっしょく)し、市場での存在感をアピールしたい考えだ。

MRJは試験飛行を重ねてきたが、一般の顧客らにデモ飛行を披露したのは初めて。初号機の納入を予定する全日本空輸の塗装を施した機体がファンボロー上空を約8分間飛行した。

MRJは開発の遅れによって航空会社への納入時期をこれまでに5回延期してきた。三菱航空機の親会社の三菱重工業の宮永俊一社長はデモ飛行後、記者団に「安定した素晴らしい飛行機だと実感できた。今日は(MRJの開発が)ホップ、ステップからジャンプになった日だ」と評価。失地回復を急ぐ考えを示した。

ファンボロー国際航空ショーは世界最大級の見本市。主催者によると、22日までの期間中に世界から1000社以上が参加する見通し。英国のメイ首相は開幕のセレモニーで「英国は欧州連合(EU)を離脱するが、航空産業がビジネスを行う最適の地であり続けることを約束したい」と述べた。

情報源:<英・航空ショー>MRJがデモ飛行 存在感アピールへ(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:英・航空ショー:MRJがデモ飛行 存在感アピールへ – 毎日新聞


国産初のジェット旅客機「MRJ」飛行 性能アピール
国産初のジェット旅客機「MRJ」飛行 性能アピール

イギリスで行われている世界最大級の航空ショーで、国産初のジェット旅客機「MRJ」が初めてデモンストレーション飛行を行いました。

イギリス南部で開催中のファンボロー国際航空ショーで、三菱航空機のMRJがデモンストレーション飛行を行いました。離陸後、急上昇して滑走路上空を急旋回するなど約10分間、その性能をアピールしました。

三菱重工・宮永俊一社長:「皆様に見て頂いて、飛行機が順調に開発できているということをご理解頂けたと信じています」

MRJが参入する小型機市場の業界再編が進むなか、どこまで世界にアピールできるかが今回のデモ飛行の焦点です。MRJの納入はこれまで5度も延期され、当初から7年遅れの2020年半ばになる見込みです。

情報源:国産初のジェット旅客機「MRJ」飛行 性能アピール(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

情報源:国産初のジェット旅客機「MRJ」飛行 性能アピール




へぇ・・・