“29連勝”のリベンジ成功 増田康宏六段が藤井聡太七段に1年ぶりのリマッチに勝利/竜王戦決勝T

“29連勝”のリベンジ成功 増田康宏六段が藤井聡太七段に1年ぶりのリマッチに勝利/竜王戦決勝T | AbemaTIMES

125手まで、増田六段の勝ち。


将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(15)と増田康宏六段(20)が6月29日、竜王戦決勝トーナメント2回戦で対局し、増田六段が勝利した。2人の対局は昨年、藤井四段(当時)が史上最多の29連勝を達成した時以来。日本中の注目を浴びた一局で苦杯をなめた増田六段が、リベンジに成功した。

“29連勝”のリベンジ成功 増田康宏六段が藤井聡太七段に1年ぶりのリマッチに勝利/竜王戦決勝T
“29連勝”のリベンジ成功 増田康宏六段が藤井聡太七段に1年ぶりのリマッチに勝利/竜王戦決勝T

2人は昨年、同じ竜王戦決勝トーナメントの1回戦で対戦。この時、当時四段だった藤井七段が史上最多の29連勝を達成し、大きな話題となった。その後、藤井七段は朝日杯将棋オープン戦で中学生初の優勝を果たすなど一気に七段まで昇段したが、対する増田六段も新人王戦を連覇するなどし、20歳にして六段まで昇段。史上5人目の中学生棋士になるのではと期待されていた新鋭で、将棋界では2人の天才について「東の増田、西の藤井」と呼ばれている。

増田六段はこの日の勝利で、次局は佐藤康光九段と3回戦で対戦。羽生善治竜王への挑戦権を得るには、さらに3連勝し挑戦者決定戦三番勝負を制する必要がある。

情報源:“29連勝”のリベンジ成功 増田康宏六段が藤井聡太七段に1年ぶりのリマッチに勝利/竜王戦決勝T(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:“29連勝”のリベンジ成功 増田康宏六段が藤井聡太七段に1年ぶりのリマッチに勝利/竜王戦決勝T | AbemaTIMES


敗れた藤井聡太七段=東京都渋谷区
敗れた藤井聡太七段=東京都渋谷区

将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(15)が29日、東京都渋谷区の将棋会館であった第31期竜王戦(読売新聞社主催)の決勝トーナメントで、増田康宏六段(20)に敗れた。

増田六段が積極的に攻め、藤井七段も反撃。際どい攻防が続いたが、最後は増田六段が制した。藤井七段は「うまく攻め込まれてしまった。また力をつけて、ここに戻ってきたい」と話した。今年度の成績は9勝1敗となった(未放映のテレビ対局を除く)。

藤井七段は予選を5連勝して、羽生善治竜王(47)への挑戦権を争う決勝トーナメントに進出。初戦を突破して、本局に臨んだ。両者は昨年の決勝トーナメントでも対戦し、その時は藤井七段が勝ち公式戦29連勝の新記録を達成している。増田六段は「リベンジしたいと思っていた。勝てて良かった」と話した。

情報源:藤井七段が敗れる、際どい攻防を増田六段制す 竜王戦(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井七段が敗れる、際どい攻防を増田六段制す 竜王戦:朝日新聞デジタル


125手まで増田康宏六段が勝ちました。終局時刻は22時17分。消費時間は、▲増田4時間47分、△藤井4時間59分。勝った増田六段は、次戦で佐藤康光九段(1組5位)と対戦します。

情報源:竜王戦中継plus: 増田六段勝利


第31期竜王戦決勝トーナメントで、藤井聡太七段VS増田康宏六段の対局が6月29日に行われ、増田六段が125手で藤井七段を破り、3回戦進出となりました。

前期決勝トーナメント1回戦で藤井七段に敗れ、29連勝記録を自身の対局で達成された増田六段がリベンジを果たしました。

次戦は、竜王戦1組5位で決勝トーナメントに進出した、佐藤康光九段と対局します。

第31期竜王戦決勝トーナメント対戦表

本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:増田康宏六段が藤井聡太七段に勝利 第31期竜王戦決勝トーナメント|棋戦トピックス|日本将棋連盟



終盤から終局まで+対局後インタビュー

感想戦

棋譜



藤井七段は残念でした、増田六段はリベンジ成功おめでとうございます。