藤井七段、八段へは高い壁 「純粋な探究心忘れず精進」:朝日新聞デジタル

年内に可能性があるのは、竜王獲得、タイトル二期獲得だな。


「昇級・昇段を祝う会」を前に、師匠の杉本昌隆七段(右)と笑顔で握手する藤井聡太七段=2018年6月10日午後3時23分、名古屋市中区、上田潤撮影
「昇級・昇段を祝う会」を前に、師匠の杉本昌隆七段(右)と笑顔で握手する藤井聡太七段=2018年6月10日午後3時23分、名古屋市中区、上田潤撮影

将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(15)の昇級・昇段を祝う会が10日、名古屋市中区のホテルで開かれ、関係者ら約500人が集まった。主催者が4月に案内状を送ったときには、まだ「藤井六段」。昇段のスピードが速すぎて、急きょ、七段昇段も一緒に祝う会になった。

プロ棋士164人の段位の内訳
プロ棋士164人の段位の内訳

藤井七段は中学生だった今年2月1日、名人戦につながる順位戦C級1組への昇級を決め、五段に昇段。半月後の2月17日に第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)で優勝し、六段に。さらに5月18日には「六段昇段後、竜王ランキング戦で連続昇級」の規定を満たし、61年ぶりに七段昇段の最年少記録を塗り替えた。

「昇級・昇段を祝う会」で花束を受け取る藤井聡太七段(右)=2018年6月10日午後6時12分、名古屋市中区、上田潤撮影
「昇級・昇段を祝う会」で花束を受け取る藤井聡太七段(右)=2018年6月10日午後6時12分、名古屋市中区、上田潤撮影
「昇級・昇段を祝う会」であいさつする藤井聡太七段(中央)=2018年6月10日午後6時14分、名古屋市中区、上田潤撮影
「昇級・昇段を祝う会」であいさつする藤井聡太七段(中央)=2018年6月10日午後6時14分、名古屋市中区、上田潤撮影
「昇級・昇段を祝う会」で乾杯をする藤井聡太七段(奥)=2018年6月10日午後6時19分、名古屋市中区、上田潤撮影
「昇級・昇段を祝う会」で乾杯をする藤井聡太七段(奥)=2018年6月10日午後6時19分、名古屋市中区、上田潤撮影

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です。

情報源:藤井七段、八段へは高い壁 「純粋な探究心忘れず精進」:朝日新聞デジタル


藤井聡太七段が将棋史に残る名手を語る「ソフトより人間の方が深く読める局面がある」


七段昇段後公式戦で190勝は時間を掛ければ可能、順位戦A級昇級もこのままなら行けるだろうけど・・・