豊島将之八段が初の挑戦権獲得 羽生善治竜王下す/将棋・王位戦挑戦者決定戦

豊島将之八段が初の挑戦権獲得 羽生善治竜王下す/将棋・王位戦挑戦者決定戦 | AbemaTIMES

126手まで、豊島八段の勝ち。


将棋の王位戦挑戦者決定戦が6月4日に行われ、豊島将之八段(28)が羽生善治竜王(47)を下し、菅井竜也王位(26)への挑戦権を獲得した。豊島八段は、初の王位挑戦。

タイトル通算99期の羽生竜王に対して、無冠の実力者・豊島八段の対局は大激戦。大事な終盤で鋭さを見せた豊島八段が、9勝12敗と負け越していた羽生竜王の王位挑戦を阻み、自身の初タイトル獲得に望みをつないだ。対局後はタイトル戦に向けて「しっかりと準備をして、いい対局にしたいと思います」と語った。

なお、この2人は6日にも棋聖戦五番勝負でも対局することが決まっており、ここでは羽生棋聖が10連覇中のタイトル防衛をかけて、豊島八段の挑戦を受ける。

豊島将之八段が初の挑戦権獲得 羽生善治竜王下す/将棋・王位戦挑戦者決定戦
豊島将之八段が初の挑戦権獲得 羽生善治竜王下す/将棋・王位戦挑戦者決定戦

情報源:豊島将之八段が初の挑戦権獲得 羽生善治竜王下す/将棋・王位戦挑戦者決定戦(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:豊島将之八段が初の挑戦権獲得 羽生善治竜王下す/将棋・王位戦挑戦者決定戦 | AbemaTIMES


第59期王位戦挑戦者決定戦、羽生善治竜王VS豊島将之八段の対局が6月4日に行われ、豊島八段が126手で羽生竜王を破り、王位挑戦を決めました。

豊島八段は、前期第58期挑戦者決定戦で菅井竜也王位に破れており、七番勝負はリベンジマッチとなります。また、豊島八段はヒューリック杯棋聖戦に続いてのタイトル挑戦です。

七番勝負は7月4日・5日(水・木)に愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」で開幕します。

本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:豊島将之八段が羽生善治竜王を破り王位挑戦を決める 第59期王位戦挑戦者決定リーグ|棋戦トピックス|日本将棋連盟


126手で豊島八段が制して王位初挑戦を決めた。終局時刻は19時59分。消費時間は、▲羽生3時間59分、△豊島3時間57分。七番勝負は7月4日・5日(水・木)に愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」で開幕する。

(吟)

情報源:王位戦中継Blog : 豊島八段が王位初挑戦を決める


終局後に両者にインタビューが行われた。
※両者の談話はのちほど更新いたします。

激戦を制して、王位戦初挑戦を決めた豊島八段。

【豊島八段の談話】
――本局を振り返っていかがでしたか。
「最後の最後までわからない状態でした。途中はちょっと苦しそうな局面もあったと思います」
――どのあたりで、良くなったのでしょうか。
「△4七金(120手目)と取って、何もなければ勝っているような気がしました」
――これで挑戦権を得ました。七番勝負に向けてはいかがでしょうか。
「しっかりと調整をして、よい将棋を指せるように頑張りたいと思います」

敗れた羽生竜王。

【羽生竜王の談話】
――本局を振り返っていかがでしたか。
「なんかちょっと攻め込まれる形になってしまった、模様が悪い展開が続いていたような気がします。難しいところもあったような気がするんですが、よくわからなかったですね」
――終盤までギリギリだったように思いましたが。
「そうです。ちょっとどうやればよかったのかが、よくわからなかったです」

情報源:王位戦中継Blog : 終局直後の様子





 

これで豊島八段は二つの番勝負に挑むのか・・・
今回決めた棋王戦、明後日から始まる棋聖戦。