東芝 パソコン事業をシャープに売却へ かつてシェア世界トップ

東芝 パソコン事業をシャープに売却へ かつてシェア世界トップ

マジか・・・


経営の立て直しを進める東芝は、「dynabook」のブランドで知られるパソコン事業をシャープに売却する方向で最終調整に入りました。売却が実現すれば、かつてノートパソコンの分野で世界シェアのトップに立ったパソコン事業から撤退することになります。

関係者によりますと、東芝とシャープは、東芝の完全子会社でパソコン事業を手がける東芝クライアントソリューションの株式のおよそ8割をシャープに50億円前後で売却する方向で最終調整に入りました。

東芝のパソコン事業は「dynabook」の製品ブランドで知られ、1990年代にはノートパソコンの分野で世界シェアのトップに立ちました。

しかし、その後は海外のメーカーに押されてシェアが低下し、スマートフォンの普及で市場自体も縮小して、採算が悪化していました。

売却が実現すれば東芝はパソコン事業から撤退することになります。

一方、シャープは「Mebius」というブランドで手がけていたパソコンの生産を平成22年に終了してパソコン事業から撤退していましたが、AI=人工知能やIoTなどの分野に力を入れる一環として、東芝のパソコン事業が持つ技術力や人材を取り込む狙いがあるものと見られます。

日本のパソコン事業はかつて躍進を続けましたが、NECや富士通もすでに中国メーカーへの経営統合を行い、事業の縮小が相次いでいます。

情報源:東芝 パソコン事業をシャープに売却へ かつてシェア世界トップ | NHKニュース


シャープは4日、東芝のパソコン事業を買収する方針を固めた。買収額は50億円前後のもようだ。東芝は構造改革の一環で赤字が続く同事業を切り離す。シャープはパソコンから撤退済みだが、親会社の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業は米パソコン大手から生産を受託しており効率生産のノウハウを持つ。グループ基盤を使って再参入し新たな収益源に育てる。

シャープは東芝が全額を出資する東芝クライアントソリューション(東京・江東)の株式の過半を今秋にも東芝から取得する。週内に株式売買契約を結ぶ見通し。東芝も少額の出資を維持する。

1985年に世界初のノートパソコンを発売した東芝は「ダイナブック」のブランドで一時は世界首位のシェアがあった。近年は中国のレノボ・グループなど新興勢力が台頭。スマートフォン(スマホ)やタブレットにも市場を奪われて販売が落ち込んだ。

東芝のパソコン事業の売上高は17年度で1673億円と16年度比13%減、営業損益は96億円の赤字(前の年度は5億円の赤字)だった。経営再建の一環として事業売却を検討していた。

「メビウス」のブランドでノート型パソコンなどを手がけていたシャープは競争激化による採算悪化で10年に撤退した。だが、16年に鴻海の傘下に入ると大きく方針を転換する。鴻海から送り込まれたシャープの戴正呉社長は「鴻海グループとの相乗効果が一番大きいのが、IT(情報技術)機器だ」とパソコン再参入へ意欲を示していた。

撤退からすでに時間がたっている「メビウス」ブランドの認知度は低い。迅速に市場開拓を進めるには東芝ブランドの取得が得策と判断した。

鴻海は自社ブランドではパソコン事業を展開していないが、米デルなど大手からの生産受託を通じて効率的に生産するノウハウや、部材を安価に調達するネットワークを持つ。シャープはこうした鴻海グループの経営基盤を活用することで東芝の事業を収益化することが可能と判断した。

シャープはパソコンやタブレットに使う中小型の液晶技術が強みで、自社でパソコンを手がければパネルの供給先を確保できる利点もある。鴻海の傘下入り後は複合機事業で欧米展開拡大に向けて現地ディーラー買収の動きを加速している。欧米の法人向けに強い東芝のパソコンと、複合機事業との相乗効果も狙う考えだ。

情報源:シャープ、東芝のパソコン事業買収:日本経済新聞


日本のPCメーカーって、どうなるんだろうな?
ゲーミングとか、ショップオリジナルとか、BTOか?