「偽りの説明なら謝罪が常識だ」加計学園問題で愛媛県知事

「偽りの説明なら謝罪が常識だ」加計学園問題で愛媛県知事 | NHKニュース

はぁ・・・


加計学園の獣医学部新設をめぐり、26日、学園側が3年前の2月の総理大臣と理事長の面会は実際にはなかったとするコメントを出したことについて、愛媛県の中村知事は、「偽りの説明をしたとすれば、愛媛県や今治市に謝罪するのが常識だ」と批判しました。

愛媛県今治市での加計学園の獣医学部新設をめぐり、愛媛県が今月、国会に提出した内部文書には、学園側からの報告として、今治市が国家戦略特区に提案する以前の平成27年2月25日に、加計理事長と安倍総理大臣が面会し、獣医学部の構想を説明したなどと記載されていました。
安倍総理大臣は、文書に記載された日に面会はしていないとして、文書の内容を否定しています。

これについて、加計学園側は26日、「当時の担当者が、実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と今治市に誤った情報を与えてしまったように思う」というコメントを出し、面会について否定しました。

愛媛県の中村知事は、27日に記者団の取材に対し、学園側からまだ詳しい説明はないとしたうえで、「公的機関に偽りの説明をしたとすれば、県や市に説明と謝罪をして、責任者が記者会見を開くのが常識だ」と学園の対応を批判しました。

そのうえで、「県庁職員は、出席した会議の各参加者の発言をメモしてありのままに書いていて、文書自体に偽りはない。ただ、中身の事実がどうだったかは、当事者の話だ」と述べました。

情報源:「偽りの説明なら謝罪が常識だ」加計学園問題で愛媛県知事 | NHKニュース


加計学園:首相面会否定、愛媛知事「ありえない」 – 毎日新聞


ふむ・・・