15歳藤井、最年少七段挑む 相手は「藤井キラー」一門:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


史上最年少記録の七段に挑む藤井聡太六段
史上最年少記録の七段に挑む藤井聡太六段

将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)六段(15)が18日、勝てば七段昇段が決まる対局に臨む。実現すれば、15歳9カ月での七段昇段は史上最年少記録となる。

七段昇段のかかる対局は18日午前10時から、大阪市福島区の関西将棋会館で指される。第31期竜王戦(読売新聞社主催)のランキング戦5組の準決勝で、船江恒平(ふなえこうへい)六段(31)と戦う。

竜王戦のランキング戦は、本戦(決勝トーナメント)に出場する棋士を決める予選にあたり、最上位の1組から6組まである。

「史上最年少七段昇段に王手!」。こう銘打って本局を生中継するのはCS放送「囲碁・将棋チャンネル」と、インターネット会員サービス「将棋プレミアム」だ。日本将棋連盟幹部も「この日は相当数の報道陣が集まるはず」とみる。

これまで中学在学中にプロになった棋士たちが七段に昇ったときの年齢をみると、加藤一二三(ひふみ)・九段(78)が17歳3カ月、谷川浩司九段(56)が18歳11カ月、羽生善治(はぶよしはる)竜王(47)が20歳0カ月、渡辺明棋王(34)が21歳5カ月。昔と比べて昇段規定が増え、2007年11月から「昇段は、昇段規定の条件を満たした日付」になるなど(それ以前は、条件を満たしても4月1日付など区切りの日に昇段していた)、藤井六段に有利な面はある。それでも、15歳9カ月での七段昇段は、記録を大きく塗り替えることになる。

藤井六段は2016年10月1日付で四段となってプロデビュー。今年2月1日付で、名人戦・順位戦C級2組で9連勝を決め、C級1組への昇級を確定させて五段に昇段した。さらに、2月17日に開かれた朝日杯将棋オープン戦では優勝し、一気に六段へと駆け上がった。プロ入り後の藤井六段の通算成績は、計87対局で75勝12敗。勝率は8割6分2厘だ。

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です。

情報源:15歳藤井、最年少七段挑む 相手は「藤井キラー」一門:朝日新聞デジタル



第31期 竜王戦【5組】ランキング戦 船江恒平六段 対 藤井聡太六段 | AbemaTV(アベマTV)


そろそろ、井上一門に対して勝ち星が欲しいところ。