西城秀樹さん死去

西城秀樹さん死去 急性心不全で 63歳

マジかよ・・・


「YOUNG MAN」や「傷だらけのローラ」などのヒット曲で人気を集めた歌手の西城秀樹さんが、16日夜、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなりました。63歳でした。

西城秀樹さん死去
西城秀樹さん死去

西城秀樹さんは広島市の出身で、上京後、17歳で歌手デビューしました。
激しい振り付けとエネルギッシュな歌い方で若い女性の人気を集め、「情熱の嵐」や「傷だらけのローラ」などの曲が相次いでヒットしました。

西城さんは、同じ時期にデビューした郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」と呼ばれ、昭和49年には「傷だらけのローラ」で初めてNHKの紅白歌合戦に出場しました。

さらに昭和54年に発表した「YOUNG MAN」は、体を使ってアルファベットのYMCAを表現する振り付けが世代をこえて親しまれ、日本歌謡大賞を受賞しました。

事務所によりますと、西城さんは先月25日に家族と一緒にいるときに急に意識不明になって入院し、16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったということです。

情報源:西城秀樹さん死去 | NHKニュース


昨年8月、静岡での公演「フェスタ静岡」で「YOUNG MAN」を披露し観客を沸かせた西城秀樹さん
昨年8月、静岡での公演「フェスタ静岡」で「YOUNG MAN」を披露し観客を沸かせた西城秀樹さん

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒットで知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分かった。63歳だった。広島市出身。2003年と11年に脳梗塞を発症、右半身麻痺の後遺症が残っていた。4月25日に入院し、そのまま帰らぬ人となった。

通夜は25日午後6時、告別式は26日午前11時から、いずれも青山葬儀所で営まれる。

小学5年生で兄とバンドを組み、高校時代にジャズ喫茶で演奏していた際にスカウトされ、家族の反対を押し切って上京。1972年(昭和47)3月に「恋する季節」でデビューした。郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれトップアイドルとなった。73、74年と連続して日本レコード大賞歌唱賞を受賞。テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(74年、TBS)、映画「愛と誠」(74年)に出演し、芸域を広げた。ハウス食品「バーモントカレー」のCMには73年から12年間出演、「ヒデキ、感激!」などのキャッチフレーズは商品とともに世に広まった。

その後「炎」(78年)、「勇気があれば」(79年)、「ギャランドゥ」(83年)などのヒットを飛ばし、外国曲のアレンジとなった「YOUNG MAN」では、両腕を使って「Y.M.C.A.」を表現する振り付けが流行し、子供から大人まで親しまれ、TBS「ザ・ベストテン」では2週連続「9999点」の満点という唯一の記録を打ち立てた。

03年に韓国でのディナーショーの後、脳梗塞を発症。言葉をうまく発音できないなどの障害に見舞われながらリハビリで復帰し「あきらめない 脳梗塞からの挑戦」を出版。しばしばステージにも立ったが、11年に再発。右半身麻痺の後遺症が残っていた。

情報源:歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット― スポニチ Sponichi Annex 芸能


 

歌手の西城秀樹さんが死去 63歳
歌手の西城秀樹さんが死去 63歳

「傷だらけのローラ」、「YOUNG MAN」などのヒット曲で知られる、歌手の西城秀樹さんが5月16日に死去していたことが17日わかった。

63歳で広島県出身だった。

2003年脳梗塞を発症し、その後リハビリに励み、歌手として再起。

ライブも開催していた。

(写真: 時事通信)

情報源:歌手の西城秀樹さんが死去 63歳(FNN PRIME) – Yahoo!ニュース

情報源:歌手の西城秀樹さんが死去、63歳 – FNN.jpプライムオンライン


西城秀樹さん
西城秀樹さん

歌手の西城秀樹さんが16日に急性心不全のため亡くなっていたことが17日、分かった。63歳。広島県出身。デイリースポーツの取材によると、4月25日に家族と団らん中に倒れ、横浜市内の病院に搬送。意識が戻ることがなく、16日午後11時53分に亡くなった。葬儀、告別式は25日、26日で検討されている。

72年に「恋する季節」でデビュー。その後も「ヤングマン」「ギャランドゥ」「傷だらけのローラ」など次々と大ヒットを飛ばし、郷ひろみ、野口五郎と「新御三家」と呼ばれ大人気歌手となった。

歌手だけではなく、ドラマ「寺内勘太郎一家」や、映画「愛と誠」では俳優としても活躍。カレーのCMでは「ヒデキ、カンゲキ!」のセリフが有名となった。

西城さんは03年、11年と2度、脳梗塞で倒れ、右半身に麻痺が残りながらも、リハビリを続けながら歌手活動を行っていた。テレビなどでは懸命なリハビリ生活を公表することもあり、ファンからは病魔を乗り越えて闘う姿に感動の声が届けられていた。

情報源:西城秀樹さん死去 63歳 ヤングマン、傷だらけのローラら大ヒット(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:西城秀樹さん死去 63歳 ヤングマン、傷だらけのローラら大ヒット/芸能/デイリースポーツ online


死去した西城秀樹さん
死去した西城秀樹さん

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で死去した。63歳。広島市出身。葬儀・告別式の日程は未定、喪主は妻木本美紀(きもと・みき)さん。

中学生のころからバンド活動を始め、16歳のときに「恋する季節」(1972年)でデビュー。73年の「情熱の嵐」がヒットして人気に火が付き、同時期にデビューした郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」と呼ばれた。ドラマや映画などで俳優としても活躍。

情報源:歌手の西城秀樹さんが死去/主要/社会総合/デイリースポーツ online


TV番組の収録で熱唱する西城秀樹さん=2006年
TV番組の収録で熱唱する西城秀樹さん=2006年

「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」「傷だらけのローラ」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄〈きもと・たつお〉)さんが16日夜、急性心不全のため、横浜市内の病院で死去した。63歳だった。通夜は25日午後6時、葬儀は26日午前11時、いずれも東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で営まれる。

55年、広島市生まれ。高校時代にジャズ喫茶でスカウトされ、上京。72年「恋する季節」でデビューし、73年「ちぎれた愛」、74年「傷だらけのローラ」など立て続けにヒットを放った。野口五郎さん、郷ひろみさんと「新御三家」と呼ばれ、人気を博した。

79年発売の「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」がミリオンセラーを記録する大ヒット。両腕を使って「Y・M・C・A」を表現する振り付けが大流行した。同曲は、日本歌謡大賞を受賞した。

03年、ディナーショーで訪れた韓国で脳梗塞(こうそく)を発症し、帰国後に入院。その後復帰を果たす。11年に再発。後遺症を抱えながらもリハビリに励み、全国公演も行っていた。

西城秀樹さんの主な曲

1972年 「恋する季節」(デビュー曲)

73年 「情熱の嵐」

「ちぎれた愛」

「愛の十字架」

74年 「傷だらけのローラ」

75年 「白い教会」

76年 「ジャガー」

77年 「ブーメランストリート」

「セクシーロックンローラー」

78年 「ブーツをぬいで朝食を」

79年 「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」

83年 「ギャランドゥ」

2006年 「めぐり逢い」

情報源:歌手の西城秀樹さん死去 63歳、ヤングマンなどヒット(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:歌手の西城秀樹さん死去 63歳、ヤングマンなどヒット:朝日新聞デジタル


西城秀樹さん(12年7月撮影)
西城秀樹さん(12年7月撮影)

昭和の歌謡史を情熱的な歌唱と激しいアクションで彩った歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん(本名・木本竜雄=きもと・たつお)が16日に死去したことが17日、わかった。63歳。広島県出身。

2度の脳梗塞に倒れ、懸命なリハビリを続けながら、最期まで「生涯歌手」にこだわった人生だった。

「絶唱型」と呼ばれた歌唱スタイルと、ダイナミックなステージで、多くの女性たちをとりこにしてきたヒデキが旅立った。

72年に「恋する季節」で歌手デビューした時のキャッチフレーズは「ワイルドな17歳」。目鼻立ちが整った顔立ちと、ハスキーな声でシャウトする歌唱はまさに“ワイルドそのもの”。翌年には「ちぎれた愛」が初のオリコン1位。トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ(62)野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれた。79年発売の代表曲「YOUNG MAN」は、人気音楽番組「ザ・ベストテン」で唯一、最高点の9999点をたたき出し、歌謡界の頂点に立った。

俳優としても活躍した。TBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」(74年)では、父親役の小林亜星(85)と毎回のように“お約束”の激しい親子げんかが話題を呼んだ。小林に投げ飛ばされた際に腕を骨折してしまったエピソードは有名だ。

ハウス食品「バーモントカレー」のCMでは「ヒデキ、感激!」などのキャッチコピーがお茶の間の人気に。「ヒデキ」の愛称は芸能界の枠を超え、子供からお年寄りまで幅広い世代に愛された。

15年前からは病気とも戦ってきた。歌手として脂の乗っていた48歳の時に最初の脳梗塞を発症。8年後の11年に再発した。それからは、右半身のまひと、会話をする際の言葉に障害が残った。09年の日刊スポーツのイタビューには「終止符を打つまでは人生を楽しみたい。自分だけでなく、周囲のみんなを楽しませたい。『一生懸命』という言葉はあまり好きじゃなかったけど、一生懸命に、今できることをやっていきたい。病気のおかげで多くのことに気付くことができたから。人に希望を与えていく歌い手になりたい」と話した。

筋力強化トレーニングやリハビリに務めながら、60歳をすぎても歌への意欲は決して衰えなかった。15年に発売した還暦記念アルバム「心響-KODOU-」では、ライブで歌唱してきた「蜃気楼」を3120日ぶりの新曲として収録。デビュー45周年の節目となった昨年まで、精力的にコンサートのステージに立ち続けた。

ヒット曲は「激しい恋」「傷だらけのローラ」「ギャランドゥ」など枚挙にいとまがない。紅白歌合戦にも18回出場した。記録と記憶を残した国民的スターが、短すぎる63年の人生に幕を下ろした。

情報源:西城秀樹さん死去 63歳 最期まで「生涯歌手」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:西城秀樹さん死去 63歳 最期まで「生涯歌手」 – 芸能 : 日刊スポーツ


西城秀樹
西城秀樹

西城秀樹が昨日5月16日に急性心不全のため亡くなった。63歳だった。

西城は2003年と2011年に脳梗塞を発症し、右半身麻痺の後遺症を負いながらもアーティスト活動を継続。2015年には還暦記念アルバム「心響-KODOU-」を発表し、2016年12月にはフジテレビ系「2016FNS歌謡祭 第1夜」でパフォーマンスを披露した。なお通夜、葬儀告別式の日程については追って案内される。

1955年4月生まれ、広島県出身の西城は1972年に「恋する季節」でデビュー。1973年リリースのシングル「情熱の嵐」のヒットを機に、「ちぎれた愛」「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」など数々のヒット曲を発表した。

情報源:西城秀樹、63歳で死去(音楽ナタリー) – Yahoo!ニュース

情報源:西城秀樹、63歳で死去 – 音楽ナタリー


弊社所属 西城秀樹が、平成30年5月16日午後11時53分、急性心不全のため逝去いたしました(享年63)

これまで温かい応援をしてくださったファンの皆様、お世話になりました共演者、スタッフ関係者の皆様に生前のご厚誼に深く感謝いたしますとともに、ここに謹んでお知らせ申し上げます。

尚、通夜・葬儀告別式の日程に関しましては追ってお知らせさせていただきます。

平成30年5月17日

株式会社アースコーポレーション

情報源:西城秀樹 オフィシャルサイト HIDEKI SAIJO OFFICIAL WEBSITE



ご冥福をお祈りいたします。


「西城秀樹さん死去 急性心不全で 63歳」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。