武田、シャイアー買収で合意 日本企業で過去最大額

ほぉ・・・


武田薬品工業は買収で合意した
武田薬品工業は買収で合意した

武田薬品工業は8日、アイルランド製薬大手シャイアーを総額約460億ポンド(約6兆8千億円)で完全子会社化すると発表した。両社経営陣が合意した。今後は株主総会などを開き、両社株主の同意を得る手続きに入る。実現すれば日本企業によるM&A(合併・買収)としては過去最大となる。売上高で世界トップ10に入る巨大製薬会社が日本で初めて誕生する。

1株あたりの買収金額などで合意した。武田は現金と新株を組み合わせてシャイアーの全株を取得することを目指す。両社とも臨時で株主総会を開き、株主の賛成を得ることになる。買収完了後、3年後には年14億ドル(約1500億円)のコスト削減が可能になるという。

買収後、グループ全体の売上高の75%は、武田がこれまで重要研究分野と位置づけてきた消化器、中枢神経、がんに加え、シャイアーが強みを持つ希少疾患と血液製剤が占めることなるとしている。

現在ロンドン証券取引所に上場するシャイアーは上場廃止となる見込み。両社を合算すれば売上高の合計は3兆円超となり、世界9位の米ギリアド・サイエンシズ(2兆7900億円)などと並び、世界の製薬業界のトップ10の一角に躍り出ることになる。

武田はロンドン証取のルールで、ロンドン時間5月8日午後5時(日本時間9日午前1時)までにシャイアーを買収するかどうかの意思を表明する必要があった。

武田は8日、シャイアーの買収に必要な資金を調達するため、米JPモルガン・チェース、三井住友、三菱UFJの3銀行と総借り入れ限度額308億ドル(約3兆3500億円)のブリッジローン(つなぎ融資)契約を結んだと発表した。

情報源:武田、シャイアー買収で合意 日本企業で過去最大額:日本経済新聞


  • 3.4兆円のローン契約、JPモルガンチェースや三井住友銀などと
  • 3期後の期末までに年14億ドルのシナジー効果を期待
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg
Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

武田薬品工業はバイオ医薬品メーカーのシャイアーを約460億ポンド(約6兆8000億円)で買収することで合意したと発表した。日本企業による海外企業の買収としては過去最大規模となる。

武田薬は、新株の発行と現金を組み合わせシャイアー株1株当たり49.01ポンドでの買収を提案。これには現金30.33ドルと、武田薬の新株0.839株また米国預託株式(ADS)1.678株のいずれかが含まれる。武田薬が買収の検討を公表する3月27日のシャイアー株終値に60%の上乗せとなる。買収の成立には株主の合意が必要になる。

武田薬は今回の買収により、米国市場の基盤強化や消化器系疾患やがん、神経障害などの領域を強化することができると見ている。ただ、巨額の買収が重荷となる可能性はある。3月に武田薬が買収検討を発表するとシャイアー株は26%上昇し、時価総額は約5.2兆円まで膨らんだ。一方、約20%株価が下落した武田薬の時価総額は約3.7兆円で、自社を上回る企業の買収となる。

武田薬は必要な資金を調達するため、308億5000万ドル(3兆3608億円)のブリッジローン契約を8日付でJPモルガンチェース銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行と締結したことも発表した。このうち、35億ドルについては返済日が借り入れ実行日から90日後に設定されており、残りの部分については364日後となっている。

武田薬によると、買収完了から3期後の期末までに、少なくとも年14億ドルのシナジー効果を期待できるという。クレディ・スイス証券の酒井文義アナリストは、シナジー効果について「ポジティブ」と指摘した上で、武田薬の発表内容にサプライズやネガティブな要素はないとの認識を示した。

財務体質の悪化懸念

日本アジア証券の清水三津雄エクイティ・ストラテジストは、期待感はあるものの相乗効果をどの程度出せるかは不透明だと指摘。3兆円を上回る借り入れにより財務体質の悪化が懸念されるとの考えを示した。

武田薬によるとシャイアーの株主は統合会社の約50パーセントの株式を保有することになるという。また、買収完了後にニューヨーク証券取引所にADSの上場を申請する方針も発表した。

医薬品業界ではM&A(合併・買収)が加速している。米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は先月、独メルクの消費者部門を約34億ユーロ(約4420億円)で買収すると発表。スイスのノバルティスは3月、消費者ヘルスケア関連の合弁会社の株式36.5%を130億ドル(約1兆4179億円)で英グラクソ・スミスクラインに売却すると発表。仏サノフィはジェネリック(後発医薬品)部門を米投資会社アドベント・インターナショナルに19億ユーロで売却する方針を示している。

国内での人口縮小や特許切れが進むなか、武田薬はクリストフ・ウェバー最高経営責任者(CEO)のもとで海外市場を取り込むために海外企業の買収を加速させていた。同社は2011年、スイスの製薬会社ナイコメッドを96億ユーロで、昨年には米アリアド・ファーマシューティカルズを約46億6000万ドルで買収している。シャイアーが得意とする希少疾患の治療薬に対する需要は増加傾向。競争も比較的緩やかで収益性が高い。

情報源:武田薬:シャイアーの買収で合意、約6.8兆円(Bloomberg) – Yahoo!ニュース

情報源:武田薬:シャイアーの買収で合意、約6.8兆円 – Bloomberg


武田薬品工業は8日、アイルランドの製薬大手シャイアーの買収で合意したと発表した。買収額は約460億ポンド(約6兆8000億円)。武田はシャイアーの普通株式を全て取得する。日本企業による海外企業の買収では、ソフトバンクグループによる英ARM(アーム)ホールディングスの事例を抜き、過去最大額となる。

シャイアーは患者数が少ない希少疾患の治療薬に強く、時価総額は武田を大きく上回る。武田は買収により、世界10位以内に入る製薬会社となる。企業規模を拡大して世界の大手と肩を並べ、有望な新薬候補も手に入れたい考えだ。

買収額約460億ポンドは、ソフトバンクグループによるアーム買収の240億ポンド(約3兆5000億円)を上回る。武田は主要取引銀行の三井住友銀行や三菱UFJ銀行、JPモルガン・チェース銀行から最大308億5000万ドル(約3兆3600億円)を借り入れ、買収資金に充てる。

情報源:武田、シャイアー買収で合意=欧州製薬に過去最大7兆円(時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:武田、シャイアー買収で合意=欧州製薬に過去最大7兆円:時事ドットコム


武田薬品工業は8日、アイルランド製薬大手「シャイアー」を完全子会社化する手続きを開始することでシャイアーと合意したと発表した。

買収総額は約460億ポンド(約6・8兆円)で、日本企業による海外企業買収で過去最高額となる。

情報源:武田、シャイアー買収合意…海外企業買収最高額(読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:武田、シャイアー買収合意…海外企業買収最高額 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


武田薬品工業のロゴ
武田薬品工業のロゴ

国内製薬最大手の武田薬品工業は8日、アイルランドの製薬大手シャイアーを総額約460億ポンド(約6・8兆円)で買収することで合意したと発表した。国内企業による買収案件として過去最高額。武田は世界の製薬企業の売上高トップ10入りする見込みだ。

情報源:武田、製薬大手シャイアー買収合意 国内最高6.8兆円(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:武田、製薬大手シャイアー買収合意 国内最高6.8兆円:朝日新聞デジタル


  • 3兆3600億円のブリッジローン導入-シャイアー買収で
  • 負債規模考えると「恐ろしい」-BNPパリバ・中空氏

武田薬品工業によるシャイアー買収が8日、合意に達した。武田薬は今後、巨額の買収資金の返済を迫られ、財務悪化が懸念される。格付け会社は大幅格下げも示唆しており、資金コストの上昇に跳ね返ってくる恐れもある。

今回の買収額は約460億ポンド(約6兆8000億円)で、日本企業による海外買収としては過去最大。買収資金を賄うため総額308億5000万ドル(約3兆3600億円)のブリッジローン契約をJPモルガンチェース銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行と8日に締結した。昨年末時点で1兆1385億円だった有利子負債はさらに膨らむことになる。BNPパリバの中空麻奈チーフクレジットアナリストは、買収の成否はシャイアーがどれだけ利益を生むか次第だとしながらも、「負債の規模などを考えると恐ろしい」との見方を示す。

そこに追い打ちを掛けそうなのが格付け会社の動向だ。ムーディーズ・インベスターズ・サービスとS&Pグローバル・レーティングは、シャイアー買収が実現すれば負債が増える武田薬の発行体格付けに下方圧力が掛かるとの見解を示し、中でもムーディーズは最大で2段階以上引き下げる可能性を示唆している。

武田薬品工業 Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg
武田薬品工業 Photographer: Buddhika Weerasinghe/Bloomberg

ブリッジローンは一時的なつなぎ資金の性格が強く、通常は社債発行などの長期的な資金調達で借り換える。武田薬も8日の開示資料で長期借入金やハイブリッド資本などで統合完了前に借り換えることを検討していると記している。

ニッセイ基礎研究所の徳島勝幸金融研究部主席研究員は、武田薬の資金調達について「これまでの格付けならいくらでも起債できるが、格付け次第で調達しやすさは変わってくる」と話す。

社債市場では巨額買収を織り込んで、同社の調達コストは増加。ドル建て武田薬債(2022年償還、表面利率2.45%)の利回りは7日時点で3.8%台まで上昇しており、格下げされれば一段の上昇が予想される。

武田薬は今後、ハイブリッド資本を発行する可能性もあるとしているが、これらは、格下げ圧力を緩和させる効果があるものの、返済順位が低い分、金利が高くなる場合が多い。

市場金利も上昇

約3兆3600億円のつなぎ融資借り換えのうち、どの程度社債に依存するかは不透明だが、昨年度の発行額が10兆円余りと市場規模の小さな日本での大規模調達は「なかなかきつい」と徳島氏は指摘。国内債にとどまらず、外債発行や銀行からの借り換えなども考えられるという。同社は11年にスイスの製薬大手ナイコメッド買収の際、つなぎ融資の借り換えで国内社債1900億円、日本企業最大となる30億ドル(約3300億円)の外債発行を行った実績がある。

ただ、大規模調達による信用力低下だけでなく、現在の市場環境では足元の金利も上昇し、起債環境は良好とは言えない。日本は依然、超低金利政策を取っているのに対し、出口政策に入ってきた欧米では金利が上昇傾向にある。米連邦準備制度理事会(FRB)は15年以降、利上げ局面に入っており、欧州中央銀行(ECB)は9月にも国債購入を止める可能性がある。

大和証券の藤岡宏明シニアクレジットアナリストは、投資家の動向について「金利自体が上がれば、社債などリスク資産でなくても米国債を買ったらいいとなる」と指摘。社債の魅力が低下した分、上乗せ金利(スプレッド)拡大を引き起こしているとの見方を示した。ブルームバーグ・バークレイズ指数によると米投資適格社債の平均スプレッドは2月初めの85ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)から112bpまで拡大している。

京都大学経営管理大学院の松本茂特命教授は取材に「シャイアーにはパイプライン(開発中の新薬)がたくさんある。武田がフォーカスしていないものもあるので、買収後にそれらを売却すると思うが、うまくできるのか」と疑問を呈する。これまでも買収はしているが買収した後の経営の経験と実績が十分ではなく「難易度は高い」と述べた。

情報源:武田薬:資金負担重く、大幅格下げ懸念や金利上昇-日本最大の買収で – Bloomberg



へぇ・・・