バス・タクシー免許緩和を検討 年齢制限引き下げ

バス・タクシー免許緩和を検討 年齢制限引き下げ

はぁ・・・


 バスやタクシーのドライバー不足に対応するため、運転に必要な第2種免許取得の年齢など、受験資格の緩和を検討する事を警察庁が決めた。

タクシーの運転に必要な普通2種免許や、バスの運転に必要な大型2種免許を取るにあたり、これまで普通免許を取得し、3年経過していることや、21歳以上であることが受験資格となっていた。

しかし、社会の高齢化などで職業ドライバーも高齢化し、ドライバー不足を指摘する声も上がっていたため、警察庁は、受験資格の緩和を検討する事を決めた。

警察庁は、4月25日に有識者を集めた検討会を開催し、今後6回ほど行って提言をまとめる方針。

情報源:バス・タクシー免許緩和を検討 年齢制限引き下げ(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:バス・タクシー免許緩和を検討 年齢制限引き下げ


警察庁は12日、バスやタクシーの運転に必要な第2種免許について、取得条件の緩和を検討する有識者会議を設置すると発表した。

ドライバー不足に苦しむ業界の要望を受け、21歳以上としている年齢制限の引き下げなどを議論する。25日に初会合を開き、年度内に提言をまとめる。

現在の道路交通法は、普通、中型、大型の2種免許の取得条件について、21歳以上で、1種免許取得後3年以上と規定。特例として、旅客自動車教習所で受講すれば2年以上まで引き下げが可能としている。現在の条件では新卒の高校生を採用することは難しく、ドライバー不足が続いている業界団体からは、規制緩和を求める声が出ていた。

全国ハイヤー・タクシー連合会によると、法人タクシーのドライバーは2005年の約38万人から15年は約30万人に減少。ドライバーが足りず、タクシーの稼働率も下がっているという。運転手の平均年齢は05年の54・9歳から、14年は58・7歳になり、高齢化が進んでいる。

情報源:バス・タクシー免許緩和、年齢制限引き下げ検討(読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:バス・タクシー免許緩和、年齢制限引き下げ検討 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


タクシーやバスの運転に必要な2種免許について、警察庁は12日、受験資格の見直しを検討する有識者会議を設置すると発表した。年齢や運転経験の要件緩和を議論する。25日に初会合を開き、2018年度中に結論を出す。

要件緩和はドライバーの不足や高齢化対策として業界が要望し、政府の規制改革実施計画に盛り込まれていた。

検討対象は、タクシー運転手に必要な普通2種とバスが運転できる大型2種。いずれも受験には年齢(21歳以上)と運転経験(普通免許保有3年以上)の要件がある。運転経験については、教習所で教習を受ければ最短2年に短縮される。

有識者会議は交通心理学や自動車教習所の関係者らで構成。運転経験の要件を「1年以上」に引き下げる方向で、具体的な教習内容などを検討する。年齢については引き下げても安全性に問題がないかなどを議論する。

警察庁の調査では、技能教習時間を増やすなどしたところ、普通2種については最短1年に引き下げても技能に問題はなかったという。今後大型2種についても調べる。

情報源:タクシー・バスの運転免許、受験資格の緩和検討  :日本経済新聞


えぇ・・・