7回無死満塁、安部の右前2点適時打で生還した丸(左)はナインとハイタッチを交わす

【広島】1日で首位に返り咲き!連敗4で止める

広島5-1阪神、ヒーローは岡田明丈


◆阪神1―5広島(12日・甲子園)

広島が連敗を4で止め、わずか1日で首位に返り咲いた。リーグ連覇した2016、17年もワーストが4連敗だっただけに、3年ぶりの5連敗を免れる底力を発揮した。

1点ビハインドの2回に先頭・安部の右越え二塁打と堂林の左前安打で無死一、三塁のチャンスを作ると、磯村が投手強襲の適時打。なおも2死一、三塁で菊池が右前に勝ち越し打を放った。「点につながって良かったです」。さらに満塁から松山が押し出し四球を選び、一気に勝ち越した。

先発・岡田は序盤に制球に苦しみながらも6回を1安打1失点で自身2連勝。「捕手の磯村さんと話して、クイックの方が良かったのでそのへんを意識しながら修正できた」と振り返っていた。

7回無死満塁、安部の右前2点適時打で生還した丸(左)はナインとハイタッチを交わす
7回無死満塁、安部の右前2点適時打で生還した丸(左)はナインとハイタッチを交わす

情報源:【広島】1日で首位に返り咲き!連敗4で止める(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:【広島】1日で首位に返り咲き!連敗4で止める : スポーツ報知


◇セ・リーグ 広島5―1阪神(2018年4月12日 甲子園)

広島が序盤に逆転し、連敗を4で止めた。

1点を追う2回、磯村の適時内野安打で同点とし、菊池の右前適時打で逆転、さらに押し出しで加点。7回には安部の右前2点適時打が飛び出した。

先発の岡田は6回まで1安打投球で1失点と好投。今季2勝目を挙げた。

阪神は先発のメッセンジャーが2回に判定をめぐって球審に暴言を吐いたとして退場処分に。リリーフ陣が踏ん張ってきたが、7回に失点。打線も単打3本と元気がなかった。

情報源:広島 4連敗で止まる 阪神 メッセが退場(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:広島 4連敗で止まる 阪神 メッセが退場― スポニチ Sponichi Annex 野球


先発の広島・岡田=甲子園球場(撮影・松永渉平)
先発の広島・岡田=甲子園球場(撮影・松永渉平)

(セ・リーグ、阪神1-5広島、3回戦、阪神2勝1敗、12日、甲子園)広島が快勝し、連敗を4で止めた。6番・安部が3安打2打点と活躍し、先発の岡田が6回を投げ1安打1失点で2勝目。チームは阪神と入れ替わり、単独首位に立った。

阪神はメッセンジャー、広島は岡田が先発した。先制したのは阪神だった。一回、無死満塁とし、4番・ロサリオが中犠飛を放ち先制した。広島は二回無死一塁、三塁とし、8番・磯村の投手強襲安打で同点。なおも二死一塁、三塁から2番・菊池が右前適時打を放ち勝ち越した。さらに丸は四球を選び満塁とした後、松山が押し出し四球を選んで3点目を挙げた。メッセンジャーは球審への暴言で退場処分を受け、2番手・石崎が登板した。

広島は七回、安部が右前適時打を放ち、2点を追加。投手陣は岡田の後を今村、ジャクソン、中崎とつないだ。

情報源:広島が単独首位 岡田が6回1失点で2勝目 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


2回表:メッセンジャーが暴言で退場

ハイライト


よかった、3タテは回避できたな。