名人戦の昼食、羽生挑戦者は「定番」ピザ・マルゲリータ:朝日新聞デジタル

へぇ・・・


名人戦第1局、羽生竜王の昼食はピザ・マルゲリータ=迫和義撮影
名人戦第1局、羽生竜王の昼食はピザ・マルゲリータ=迫和義撮影

将棋名人戦第1局は11日に1日目が始まり、午後0時半に昼食休憩に入った。

昼食の注文は、佐藤天彦名人が「うな丼、アップルジュース」、羽生善治挑戦者が「ピザ・マルゲリータ、オレンジジュース」だった。

羽生挑戦者の昼食「ピザ」は、ホテル椿山荘東京では、おなじみ。最近では、第73期第1局で「ピザ・マルゲリータ」。第72期第1局では「ピザ・マルゲリータ」「ミックス・ピザ」と、昼食は2日ともピザだった。

名人戦第1局、羽生竜王の昼食はピザ・マルゲリータ=迫和義撮影
名人戦第1局、羽生竜王の昼食はピザ・マルゲリータ=迫和義撮影

佐藤名人の「うな丼」のウナギは三河産とのこと。また、佐藤名人の「アップルジュース」も、設営担当者によると、「お気に入りの飲み物」だそうだ。

将棋のタイトル戦で、「ピザ」が注文されるのは、かなり珍しい。

羽生挑戦者が頼んだ「ピザ・マルゲリータ」を作ったのは、ホテル椿山荘東京のレストラン調理課で勤務する堀中翔太さん(29)。ホテル3階のイタリア料理「イル・テアトロ」で、グリルとパスタのチーフを担っている。

佐藤名人の昼食はうな丼=迫和義撮影
佐藤名人の昼食はうな丼=迫和義撮影

「ピザは、ルームサービスでしか、お出ししていないんです。お子様やファミリーに食べていただくことを思って、くせのない、食べやすいマルゲリータを心がけています」と堀中さん。

その中でも、こだわりは「トマトソースは自家製。パスタで使うトマトソースを使っています」。

作り方も教えてもらった。「クラフト生地をオーブンで焼いて、トマトソースを塗ります。小さめのモッツアレラチーズを載せて、またオーブンで焼いて、仕上げはフレッシュバジルとオリーブオイル」。

羽生挑戦者のピザを作った堀中翔太さん=ホテル椿山荘東京、佐藤圭司撮影
羽生挑戦者のピザを作った堀中翔太さん=ホテル椿山荘東京、佐藤圭司撮影

羽生挑戦者の注文を、堀中さんは「ウチのピザを選んでいただけるのは、うれしい限りです」と喜ぶ。

ピザ・マルゲリータは3100円。税込み、サービス別。味わうには、現状では、宿泊客がルームサービスで頼むことになる。(佐藤圭司)

情報源:名人戦の昼食、羽生挑戦者は「定番」ピザ・マルゲリータ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:名人戦の昼食、羽生挑戦者は「定番」ピザ・マルゲリータ:朝日新聞デジタル



https://twitter.com/abematv_shogi/status/983546079831515136


第76期 名人戦七番勝負 第一局 1日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 | AbemaTV(アベマTV)

佐藤名人3連覇か、羽生竜王タイトル100期か 名人戦七番勝負が開幕 ファン予想「羽生奪取」が82%


ほぉ・・・