藤井聡太六段「最年少七段」にあと1勝!次回、竜王戦5組ランキング戦勝利で達成へ

藤井聡太六段「最年少七段」にあと1勝!次回、竜王戦5組ランキング戦勝利で達成へ

136手まで、藤井六段の勝ち。


将棋の高校生棋士・藤井聡太六段(15)が4月10日、竜王戦5組ランキング戦で阿部光瑠六段(23)に勝利し、同組の準決勝進出を決めた。昇段規定の「六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝」クリアにあと1勝と迫り、次回の準決勝で勝利すれば加藤一二三九段の持つ17歳3カ月という七段昇段記録を大幅に更新することになる。

藤井六段は四段だった昨年、竜王戦6組ランキング戦で優勝し5組に昇級。その後、2月1日に順位戦C級2組から同1組への昇級を決めて五段に昇段すると、2月17日には朝日杯将棋オープン戦で「全棋士参加の棋戦優勝」を果たしたことで六段に昇段した。

七段の昇段規定の1つ「六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝」は、前回に昇級した段位が六段でなくてもよいことになっており、藤井六段が決勝に進出すると、上位2人の昇級枠が確定。段位が異なる連続昇級のパターンに当てはまる。準決勝は5月に行われる予定で、勝利すれば即日昇段する。

藤井聡太六段「最年少七段」にあと1勝!次回、竜王戦5組ランキング戦勝利で達成へ
藤井聡太六段「最年少七段」にあと1勝!次回、竜王戦5組ランキング戦勝利で達成へ

情報源:藤井聡太六段「最年少七段」にあと1勝!次回、竜王戦5組ランキング戦勝利で達成へ(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太六段「最年少七段」にあと1勝!次回、竜王戦5組ランキング戦勝利で達成へ | AbemaTIMES


藤井六段「最年少七段」に王手
藤井六段「最年少七段」に王手

将棋の藤井聡太六段が10日、「竜王ランキング戦」で在籍する組の準々決勝に勝ちました。今月末か来月に行われる予定の次の準決勝にも勝てば、昇段の条件を満たして史上最年少で「七段」となります。

今月から「高校生棋士」となった藤井聡太六段(15)は10日、東京の将棋会館で「竜王ランキング戦」5組の準々決勝に臨み、阿部光瑠六段(23)と対局しました。

午前10時に始まった対局は、それぞれが5時間の持ち時間を使い果たして攻め合う熱戦となりましたが、午後10時41分、136手までで阿部六段が投了し、藤井六段が勝ちました。

ことし2月に五段、六段と昇段を重ねた藤井六段は、このランキング戦で次の準決勝にも勝てば、5組の中で2位以内となって2期連続の昇級が決まり、条件を満たして七段となります。

日本将棋連盟によりますと、七段昇段のこれまでの最年少記録は、昭和32年に加藤一二三さんが達成した17歳3か月です。

準決勝は今月末か来月に行われる予定で、現在15歳8か月の藤井六段がこの対局に勝って七段になれば、最年少記録を61年ぶりに更新することになります。

対局を終えた藤井六段は「序盤に形勢を損ねて中盤は苦しくなり、最後までわからない将棋でした」と振り返ったうえで、次回の対局に向けて「ベスト4まで勝ち上がれたので、このまま上を目指したい」と意気込んでいました。

情報源:藤井六段「最年少七段」に王手 | NHKニュース


高校生棋士となった藤井聡太六段(15)は10日、東京都渋谷区の将棋会館で阿部光瑠(こうる)六段(23)と竜王戦5組ランキング戦準々決勝を戦い、136手で勝って準決勝へ進み、七段昇段に王手をかけた。準決勝に勝つか、準決勝に敗れても敗者同士が戦う昇級者決定戦で1勝すれば4組昇級が決まり、規定により七段に昇段する。

藤井は持ち時間各5時間以上の対局での勝率が高く、公式戦30連勝を阻まれた昨年7月2日、竜王戦決勝トーナメント2回戦の佐々木勇気六段(23)との対戦以来負けなしで26勝1敗。通算成績は73勝12敗。【山村英樹、丸山進】

情報源:<将棋>藤井六段勝ち、七段昇段に王手 竜王戦ランキング戦(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:将棋:藤井六段勝ち、七段昇段に王手 竜王戦ランキング戦 – 毎日新聞


  • 藤井聡太六段が10日、竜王戦5組ランキング戦準々決勝に勝利した
  • 次の準決勝に勝って決勝に進めば、来期4組への昇級が決定
  • 加藤一二三・九段の17歳3カ月を上回る史上最年少で七段に昇段する

竜王戦ランキング戦5組準々決勝で阿部光瑠六段と対局した藤井聡太六段
竜王戦ランキング戦5組準々決勝で阿部光瑠六段と対局した藤井聡太六段

将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)が10日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準々決勝で阿部光瑠六段(23)と対戦し、136手で勝利を収め準決勝に進出した。規定により、竜王戦での連続昇級による七段昇段に王手をかけた。

将棋界最高峰のタイトルである竜王戦の予選で、出場棋士は決勝トーナメントへの出場枠が異なる1〜6組に分かれてトーナメントを戦う。藤井は昨期6組ランキング戦で優勝し、5組に昇級した。今期も次の準決勝に勝って決勝に進めば、来期4組への昇級が決定。棋士昇段規定の七段昇段条件「竜王戦ランキング戦連続昇級」を満たし、加藤一二三・九段(78)の17歳3カ月を上回る史上最年少で七段に昇段する。準決勝の相手は船江恒平六段(30)と石井健太郎五段(25)の勝者(13日に対戦)で、対局日は5月上旬ごろになる見込み。

竜王戦5組ランキング戦準々決勝で阿部光瑠六段(左)を破った藤井聡太六段。七段昇段に王手をかけた
竜王戦5組ランキング戦準々決勝で阿部光瑠六段(左)を破った藤井聡太六段。七段昇段に王手をかけた

対局後「序盤で形勢を損ねてしまい、苦しかった。その後の実戦もミスが出てしまって、最後の最後まで分からない勝負だった」とコメント。今後への意気込みについて「ベスト4まできたので、本戦を目指して頑張りたい」と語った。

藤井は2月1日の順位戦でC級1組昇級を決め、中学生として初めて五段に昇段。同月17日に朝日杯オープン戦で一般棋戦初優勝を果たし、史上最年少で六段に昇段した。驚異的なスピードで将棋界の階段を上り続けている藤井が、早くも今年3度目の昇段に大きく近づいた。

情報源:藤井六段、最年少七段昇段へ王手! 驚異の今年3度目昇段に前進(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井六段、最年少七段昇段へ王手! 驚異の今年3度目昇段に前進― スポニチ Sponichi Annex 芸能


将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)は10日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦ランキング戦5組の準々決勝で阿部光瑠六段(23)を破り、ベスト4に進出した。準決勝に勝てば、規定により史上最年少の七段に昇段する。

これまで、七段の最年少記録は加藤一二三・九段(78)の17歳3カ月。

規定では、竜王戦の予選にあたるランキング戦で、2回連続で昇級すれば七段に昇段する。5組から4組への昇級枠は4人。決勝に進んだ2人と昇級者決定戦を勝ち抜いた2人が、上のクラスへ昇格となる。藤井六段は前期、6組で優勝して5組へ昇級を果たした。

準決勝で、船江恒平六段(30)-石井健太郎五段(25)の勝者と対戦する。

情報源:藤井六段、阿部六段破り最年少七段に王手!/将棋 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)




第31期 竜王戦【5組】ランキング戦 阿部光瑠六段 対 藤井聡太六段 | AbemaTV(アベマTV)

藤井六段 最年少七段昇段へ王手かけるか? 竜王戦ランキング戦5組準々決勝


七段昇段へ、竜王戦をあと一勝。