藤井六段 高校生棋士として初めての勝負メシは和牛100%ハンバーグ弁当

へぇ・・・


将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)が5日、大阪市内の関西将棋会館で行われた古森悠太四段(22)との棋王戦予選トーナメント8組準々決勝で、高校生棋士としての初対局に挑んだ。

高校生棋士として最初に選んだ“勝負メシ”となる昼食は、近所の割烹「鋤焼きと日本酒 内山田」の和牛100%ハンバーグ弁当(1000円)。大きなハンバーグが入ったがっつり系で、パワーの補給を図った。古森も同じオーダーだった。

同店は稲葉陽八段(29)ら棋界関係者の行きつけ。会館の入るビル内の洋食屋「イレブン」が休みとなる木曜日限定で頼める。

藤井聡太六段の高校生棋士として最初の“勝負メシ”となる昼食は、近所の割烹「鋤焼きと日本酒 内山田」の和牛100%ハンバーグ弁当(1000円)
藤井聡太六段の高校生棋士として最初の“勝負メシ”となる昼食は、近所の割烹「鋤焼きと日本酒 内山田」の和牛100%ハンバーグ弁当(1000円)

情報源:藤井六段 高校生棋士として初めての勝負メシは和牛100%ハンバーグ弁当(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井六段 高校生棋士として初めての勝負メシは和牛100%ハンバーグ弁当― スポニチ Sponichi Annex 芸能


藤井聡太六段の勝負メシ「和牛100%ハンバーグ弁当」(撮影・松浦隆司)
藤井聡太六段の勝負メシ「和牛100%ハンバーグ弁当」(撮影・松浦隆司)

将棋の第44期棋王戦1次予選、藤井聡太六段(15)対古森悠太四段(22)戦が5日、関西将棋会館で行われた。藤井は4月に高校進学後初の対局で、高校生プロ棋士として初白星を目指す。勝負は正午前に昼食休憩に入った。

藤井の高校生棋士として初めての勝負メシは居酒屋「内山田」の「和牛100%ハンバーグ弁当」(1000円)を注文。ボリューム満点のお気に入り。たっぷりと栄養補給し、午後からの対局に挑む。古森も同メニューを注文した。

持ち時間は各4時間。夜には決着する見込み。

情報源:藤井六段 高校初白星目指し「ハンバーグ弁当」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井六段 高校初白星目指し「ハンバーグ弁当」 – 社会 : 日刊スポーツ



第44期 棋王戦 予選トーナメント 藤井聡太六段 対 古森悠太四段 | AbemaTV(アベマTV)

藤井聡太六段、高校生最初の対局がスタート 初戦飾れるか/将棋・棋王戦予選


https://twitter.com/abematv_shogi/status/981736802506518534


ほぉ・・・


「藤井六段 高校生棋士として初めての勝負メシは和牛100%ハンバーグ弁当」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。