シリアル商品から基準超の殺菌剤 日清シスコが回収へ

シリアル商品から基準超の殺菌剤 日清シスコが回収へ

ふむ・・・


「伊藤忠商事」は輸入した大麦の一部から、基準を超える殺菌剤が検出されたことを明らかにしました。
またこの大麦を原料にしたシリアルを販売していた日清食品グループの「日清シスコ」は、商品の一部から基準を超える殺菌剤が検出されたとして、合わせて31万5000個を回収すると発表しました。

伊藤忠商事によりますと、去年8月にオーストラリアから輸入したおよそ85トンの大麦の一部から殺菌剤の「アゾキシストロビン」が法律で定められた基準の5倍の値で検出されたということです。

このうち、およそ40トンは食品メーカーに販売されシリアルなどに使われたとしています。

この大麦を原料にシリアルを販売していた日清食品グループの「日清シスコ」は、商品の一部から基準を超える殺菌剤が検出されたとして、合わせて31万5000個を回収すると発表しました。

回収の対象は、「1日分のスーパー大麦グラノーラ」の2種類の商品で、「4種の彩り果実」は賞味期限が2018年7月13日から10月14日までの商品。
「3種のまるごと大豆」は賞味期限が2018年8月24日から10月15日までの商品です。

会社側は対象の商品を食べても健康に悪影響を与えるおそれはないとしていますが、購入した人は食べないように呼びかけています。

また問い合わせは、お客様相談室の0120-825-066で、対象の商品は着払いで郵送すれば後日、代金相当の金券を返却するということです。

一方、この問題で、農林水産省は、伊藤忠が法律に違反した食品を輸入したとして、米と麦の輸入業務で指名停止処分にすることにしています。

情報源:シリアル商品から基準超の殺菌剤 日清シスコが回収へ | NHKニュース


日清シスコがホームページに掲載した自主回収のお知らせ
日清シスコがホームページに掲載した自主回収のお知らせ

日清シスコ(堺市)は3日、シリアル「1日分のスーパー大麦グラノーラ」シリーズの「4種の彩り果実」など2種類の計31万5千パックを自主回収すると発表した。原料に残留農薬基準値を超える大麦が混入し、商品からも農薬が検出されたため。

日清シスコ 1日分のスーパー大麦グラノーラ 4種の彩り果実 200g
日清シスコ 1日分のスーパー大麦グラノーラ 4種の彩り果実 200g

大麦は伊藤忠商事が昨年夏にオーストラリアから輸入した約85トンの一部で基準値の5倍の殺菌剤「アゾキシストロビン」が検出された。食品会社などが最大約40トンを加工して販売したといい、農林水産省は流通先への連絡を急ぐよう伊藤忠に指示している。

日清シスコ 1日分のスーパー大麦グラノーラ 3種のまるごと大豆 200g
日清シスコ 1日分のスーパー大麦グラノーラ 3種のまるごと大豆 200g

「4種の彩り果実」の回収対象は賞味期限が2018年7月13日~10月14日の商品。「3種のまるごと大豆」は8月24日~10月15日。日清シスコは「健康に影響を及ぼすことはないが、万全を期すために回収を決めた」と説明している。料金着払いで商品を送れば、600円分のクオカードを返送する。問い合わせは日清シスコお客様相談室、フリーコール(0120)825066。

情報源:残留農薬でシリアル回収 日清シスコ、31万パック – 産経ニュース


日清食品ホールディングス(2897)の子会社の日清シスコは3日、シリアル商品の一部を自主回収すると発表した。原料の大麦を輸入した伊藤忠商事(8001)から、大麦が残留農薬基準値を超えている疑いがあると連絡を受け、この大麦を使用していた商品を検査したところ、2商品が基準値を超えていたという。健康に影響を及ぼすことはないとしている。

対象は「1日分のスーパー大麦グラノーラ4種の彩り果実」と「1日分のスーパー大麦グラノーラ3種のまるごと大豆」のうち、一部期間に製造された商品。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報源:日清シスコ、シリアル商品を自主回収 伊藤忠から購入の大麦に農薬:日本経済新聞


日清シスコは3日、シリアル商品「1日分のスーパー大麦グラノーラ」シリーズの2品(計31万5千パック)を自主回収すると発表した。原料に、基準値を超える殺菌剤が残った豪州産の大麦を使っていたという。ただ、発がん性、遺伝毒性などはなく、毎日食べ続けたとしても健康への影響の恐れはないレベルとしている。

対象は、賞味期限が7月13日~10月14日の「4種の彩り果実」と、8月24日~10月15日の「3種のまるごと大豆」。問い合わせは平日午前9時~午後5時、日清シスコお客様相談室(0120・825・066)へ。7、8日の土日も受け付ける。

農林水産省によると、問題の大麦は伊藤忠商事が豪州から輸入したもので、一部に基準値の5倍の殺菌剤「アゾキシストロビン」が検出された。農水省は伊藤忠商事を米や麦の輸入業務で指名停止処分にする方針だ。

情報源:グラノーラ2品、31.5万パック自主回収 日清シスコ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:グラノーラ2品、31.5万パック自主回収 日清シスコ:朝日新聞デジタル


2018.04.03
日清シスコ
お知らせ

シリアル商品についてのお詫びと自主回収のお知らせ

平素は弊社商品をご愛顧賜りまして厚く御礼申し上げます。
この度、弊社が購入しております大麦の一部のロットに、残留農薬基準値を超えている疑いがあると原料供給会社から連絡を受けました。直ちに、当該大麦を使用した弊社商品を検査したところ、基準値を超える商品が2品ございました。
お召し上がりいただいても健康に影響を及ぼすことはございませんが、万全を期すために下記のとおり回収させていただくことにしました。
お買い上げいただきましたお客さまには誠に申し訳ございませんが、お手元に対象商品がございましたら、下記送付先まで料金着払いにてご送付いただきますようお願い申し上げます。後日、商品代金相当のQUOカードを送付させていただきます。
お客さまには、多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。
今後、このようなことのないよう管理体制の強化に努める所存でございますので、何卒、ご理解と ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

自主回収対象商品

①「1日分のスーパー大麦グラノーラ 4種の彩り果実」のうち
賞味期限が「2018.7.13」「2018.7.26」「2018.9.8」「2018.9.28」「2018.10.7」「2018.10.14」と 記載されている商品
②「1日分のスーパー大麦グラノーラ 3種のまるごと大豆」のうち
賞味期限が「2018.8.24」「2018.9.14」「2018.10.15」と記載されている商品
※賞味期限は、パッケージ裏面右側に記載しています。

対象商品の出荷数量

「1日分のスーパー大麦グラノーラ 4種の彩り果実」 186,000パック
「1日分のスーパー大麦グラノーラ 3種のまるごと大豆」 129,000パック

対象商品の販売地域

全国

回収方法

対象商品を「日清シスコ株式会社 東京工場 お客様係」まで料金着払いでご送付ください。
後日、商品代金相当のQUOカードを送付させていただきます。

送付先

〒360-0201 埼玉県熊谷市妻沼 (めぬま) 5000
日清シスコ株式会社 東京工場 お客様係 宛

※料金着払いにてご送付いただきますようお願い申し上げます。
※間違いなく商品代金相当のQUOカードを送付させていただくため、お客さまの郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号を必ずお書き添えいただきますようお願い申し上げます。
※お客さまからお知らせいただいた個人情報は、本件の目的以外には一切使用しません。

お問い合わせ先

日清シスコ株式会社 お客様相談室
フリーコール 0120-825-066
受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日を除く)
※4月7日(土)、4月8日(日)は受付します。

情報源:シリアル商品についてのお詫びと自主回収のお知らせ | 日清食品グループ


えぇ・・・