キヤノン・ニコン、ミラーレス プロ機種並み ソニーに対抗、一眼レフ市場侵食も覚悟:日本経済新聞

Fマウント変換用のアダプターも出してくれるかな?


キヤノンとニコンがデジタル一眼レフに搭載している高級センサーをミラーレスカメラに採用する。一眼レフの強いブランド力と収益力から需要の食い合いを恐れて高性能センサーの転用に消極的だったが、ミラーレスの市場の広がりを看過できなくなった。ソニーがミラーレスを押し出してプロ向け市場で存在感を高めていることも両社の背中を押している。

デジタルカメラは光をデジタル変換するCMOSセンサーが画像の出来具合を大きく左右する。「フルサイズ」と呼ぶ縦36ミリメートル横24ミリ程度の最大級センサーをキヤノン、ニコン両社はデジタル一眼レフに用いてプロカメラマンや上級アマチュアの市場を押さえてきた。

両社はこの戦略を転換し、これまで一回り小さいセンサーを使っていたミラーレスにフルサイズ品を搭載し今年後半にも市場に投入する方針だ。両社とも2019年に発売する当初計画を前倒しする。フルサイズセンサーのミラーレスはソニーが20万~30万円前後で発売しており、両社はこれを勘案するとみられる。

白と黒の戦い――。キヤノンとニコンはプロ向け一眼レフ市場で五輪のたびにサポート拠点を設けてシェアを競ってきた。交換レンズの色が白のキヤノンと黒のニコンの一眼レフが並ぶ様子はエレクトロニクス業界の風物詩になっている。

ところが先の平昌冬季五輪ではソニーがミラーレスの保守サービス拠点を初めて設置した。キヤノンやニコンほどではないがソニー機を採用するカメラマンがいたため。一眼レフによる2社の牙城に風穴が開き始めた。

ミラーレスは出荷も伸びている。カメラ映像機器工業会によると、2500万台近い17年のデジカメの世界出荷のうち一眼レフが750万台なのに対してミラーレスは400万台。一眼レフは前年比1割減だがミラーレスは3割増えた。市場の勢いと上級ユーザーの需要をキヤノン、ニコン両社も認めざるを得ない。

デジカメの出荷が7年ぶりに前年を上回ったのもミラーレスが貢献した。インスタグラムにきれいな写真を載せたい女性や若年層の需要をつかんだ。キヤノン幹部は「一眼レフとカニバリゼーション(食い合い)は多少あるが軽視すれば長期で顧客が離れる」と言う。

キヤノンはミラーレスに消極的で12年に最後発で参入した。2年ほど前から方針を変え、10万円以下の低廉なミラーレスを相次ぎ発売している。17年は国内販売台数シェアで2位。入門機で足場を固め高級機市場に参入する。ニコンは15年以降ミラーレスの新製品を発売していない。経営不振から一眼レフに集中しミラーレスは出遅れた。フルサイズ品の投入で巻き返したい考えだ。

ビジネスは成功するほど過去にとらわれ新技術に踏み切りにくい。フィルムカメラからデジタルへの移行ではキヤノンが出遅れ、後に巻き返した経緯がある。一眼レフも交換レンズを通じた高収益モデルでキヤノンとニコンはできればこの市場に集中したい。それでもミラーレスへの需要シフトは進む。一眼レフとのカニバリゼーションが避けられない中、技術を出し切れるかをユーザーは見ている。

(斉藤美保)

情報源:キヤノン・ニコン、ミラーレス プロ機種並み ソニーに対抗、一眼レフ市場侵食も覚悟 :日本経済新聞


既存のFマウントレンズが完全に使えないってのは残念だし・・・