「デコトラ」に需要、不正車検をビジネス化…社長に有罪:朝日新聞デジタル

はぁ・・・


不正車検に出されたトラック(県警本部提供)
不正車検に出されたトラック(県警本部提供)

改造トラックの車検を不正に通した見返りに現金を受け取ったとして加重収賄などの罪に問われた自動車整備会社社長の男が、青森地裁で3月22日に有罪判決を受けた。男とトラックの所有者の間には何人もの「仲介役」が入り込み、不正車検をビジネス化していた。民間車検制度のもとで、本来は従業員の検査を監視するはずの社長の立場まで悪用されていた。

青森県弘前市の「弘伸自動車」社長の土岐隆昭被告(47)は、実際には車検をしていないのに、うその保安基準適合証を作成して運輸支局に提出。その見返りに車検の依頼者から現金計12万円を受け取ったとして、加重収賄などの罪に問われた。青森地裁での公判で起訴内容を認め、懲役2年執行猶予3年、追徴金12万円の有罪判決を受けた。

判決や検察側の主張による事件の構図はこうだ。

車検は、①整備士が車に不具合がないかを確認する(分解整備)②自動車検査員が保安基準に適合しているかを調べる(完成検査)③これらを経て作成された保安基準適合証を整備会社が運輸支局に提出して新しい車検証を受け取る――という流れ。土岐被告は、①の整備を省く「ライン通し」や、①の整備も②の検査も行わない「ペーパー車検」という手法で不正車検を繰り返していたという。

こうした不正な「ビジネス」はなぜ横行したのだろうか。

今回、事件の対象となった車の多くは、派手な電飾を施した「デコトラ」と呼ばれる改造トラック。ウィンカーなどの点滅灯火は、不必要なものを付けていると道路運送車両法違反となって車検が通らなくなるため、不正車検の需要があったようだ。

東北運輸局青森運輸支局の担当者は「若者の車離れなどで整備業者が軒並み業績不振に陥るなか、検査をしなくてもお金が入る不正車検に目を付けたのではないか」とも指摘する。

さらに、今回の事件で深刻なのは、運輸支局の指定工場を経営する社長自身が不正に加担していたことだ。運輸支局によれば、社長は管理責任者として、自動車検査員である従業員を監視する仕組みになっている。1997年に自動車検査員の資格を取った土岐被告は、2012年の社長就任後も依頼された車の点検を自ら担当していた。

会社が運輸支局に提出する保安基準適合証には、検査の実体を証明するような写真などは必要とされていない。不正車検に詳しい吉田秀平弁護士は「社長自身が不正をしてしまえば、信頼で成り立つ民間車検制度が根本から崩れてしまう。依頼者や仲介者も罰せられるということを周知し、『少しくらいは大丈夫』という認識を変えていかないといけない」と話す。

複数業者が仲介役

違法改造の車でも車検を通してくれる業者がいる――。そんな情報はほかの整備業者にも伝わっていた。

土岐被告に不正車検の見返りに現金を渡したとして贈賄罪などで有罪判決を受けた業者は、違法な電飾など車検を通らない車の所有者を見つけては、土岐被告につないでいた。自ら仲介料を受け取る一方、土岐被告に2万~5万円の報酬を支払った。2016年の1年間にあっせんした台数は126台にのぼり、土岐被告も遊興費ほしさから引き受けていたという。

さらに、この業者の「下請け」を引き受ける別の業者まで登場。多い時で仲介役は3人に及んだ。

トラックを不正車検に出したとして逮捕された40代男性は、知人から「電飾を付けたままでも車検が通るところがある」と誘われ、「車検代」9万2千円とともにトラックを預けた。トラックはこの知人のほか2人の仲介役を経て、土岐被告の手に渡っていた。男性は取材に「土岐被告のことも、不正車検のことも知らなかった」と答えた。(板倉大地)

情報源:「デコトラ」に需要、不正車検をビジネス化…社長に有罪 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:「デコトラ」に需要、不正車検をビジネス化…社長に有罪:朝日新聞デジタル


ふむ・・・