妊娠で学校から勧められ32人自主退学 公立高校で初調査

妊娠で学校から勧められ32人自主退学 公立高校で初調査 | NHKニュース

ふーん・・・


妊娠を理由に、学校から退学を勧められて公立高校を自主退学した女子生徒が、昨年度までの2年間で32人に上ったことがわかり、文部科学省は高校が安易に退学を勧めないよう全国の教育委員会などに通知しました。

この調査は、文部科学省が全国の3571校あるすべての公立高校を対象に初めて行いました。

その結果、昨年度までの2年間に妊娠を理由に退学した女子生徒は合わせて674人でした。このうち、学校から退学を勧められて自主退学した生徒は32人に上ったことがわかりました。

学校が退学を勧めた理由は「母体の状況などから学業の継続が難しいと判断した」、「本人の学業継続がほかの生徒に影響すると判断した」、さらに「学校の支援体制が十分でなく、本人の安全確保ができない」などとしています。

文部科学省は全国の教育委員会に対して、生徒が妊娠した場合は安易に退学を勧めないよう求める通知を出しました。

高校教育に詳しい日本大学の末冨芳教授は「学ぶ意欲がある生徒に自主退学を勧めることは、生徒の切り捨てだ。高卒の学歴がなければ仕事を得ることも難しい。休学や学び直しの機会を設けるなど対応を考えるべきだ」と話しています。

情報源:妊娠で学校から勧められ32人自主退学 公立高校で初調査 | NHKニュース


はぁ・・・