ロシアが米に対抗措置 外交官60人追放へ

ロシアが米に対抗措置 外交官60人追放へ、米はロシアの報復措置を非難「正当な理由ない」

ふむ・・・


イギリスで起きたロシアの元スパイの暗殺未遂事件を受けて、アメリカがロシアの外交官60人の追放措置を発表したのに対し、ロシア外務省は、同じ数のアメリカの外交官を追放する対抗措置をとることを明らかにしました。

アメリカは、今月26日イギリスで起きたロシアの元スパイの暗殺未遂事件を受けて、国内に駐在するロシアの外交官60人を追放するとともに、西部シアトルにあるロシア総領事館を閉鎖することを明らかにしました。

これに対しロシア外務省は29日、声明を発表し、ロシアに駐在するアメリカのハンツマン大使を外務省に呼び出し、モスクワにあるアメリカ大使館と中部のエカテリンブルクにある総領事館に勤務する合わせて60人の外交官を追放するとともに、第2の都市サンクトペテルブルクのアメリカ総領事館を閉鎖するよう通告したことを明らかにしました。

声明によりますと、アメリカの外交官は来月5日までに国外退去し、総領事館の建物は今月31日までに明け渡すよう求めたということです。

この事件をめぐっては、ヨーロッパ各国も一斉にロシアの外交官を追放する措置を発表していますが、ロシアのラブロフ外相は29日、「他の国についても対抗措置をとる」と述べていて、欧米とロシアの対立は一段と深まっています。

情報源:ロシアが米に対抗措置 外交官60人追放へ | NHKニュース


【モスクワ=遠藤良介】ロシアのラブロフ外相は29日、英国でロシアの元情報機関員らが神経剤による襲撃を受けた事件に絡み、米国の外交官60人を国外追放すると発表した。米国が同数の露外交官を国外退去処分としたことに対する報復措置。ラブロフ氏は、露外交官の追放を決めた他の国々にも同様の措置を取るとしており、ロシアは事件をめぐって米欧などの外交官150人以上を追放する見通しとなった。

露外務省はこの日、米国のハンツマン駐露大使を呼び出し、米外交官60人を4月5日までに国外退去させるよう通告した。サンクトペテルブルクの米総領事館を3月31日までに閉鎖することも要求した。

問題となっているのは、英南部ソールズベリーで今月、露軍参謀本部情報総局(GRU)のスクリパリ元大佐と娘のユリヤさんが、神経剤「ノビチョク」による攻撃で重体となって発見された事件。この事件を受け、米欧を中心とする約30カ国・機関が150人以上の露外交官の追放を発表している。

ロシアは事件への関与を強く否定。容体の回復しているユリヤさんは露国籍を保持しているとし、在英大使館が接触するのを認めるよう要求している。

情報源:【元スパイ襲撃】ロシア、米外交官60人追放 英神経剤事件で報復措置発表 – 産経ニュース


3月29日、ロシア外務省は米国のハンツマン駐ロシア大使に対し、米外交官60人の国外退去とともに、サンクトペテルブルクにある米総領事館の閉鎖を命じた。写真はモスクワにあるロシア外務省の建物。21日撮影(2018年 ロイター/Sergei Karpukhin)
3月29日、ロシア外務省は米国のハンツマン駐ロシア大使に対し、米外交官60人の国外退去とともに、サンクトペテルブルクにある米総領事館の閉鎖を命じた。写真はモスクワにあるロシア外務省の建物。21日撮影(2018年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[モスクワ 29日 ロイター] – ロシア外務省は29日、米国のハンツマン駐ロシア大使に対し、米外交官60人の国外退去とともに、サンクトペテルブルクにある米総領事館の閉鎖を命じた。

米国政府は英国で今月起きた元スパイ暗殺未遂事件にロシアが関与したとして、今週初め、国内のロシア外交官ら60人の国外追放とシアトルのロシア領事館の閉鎖を発表していた。

ロシア政府はまた、事件を巡り英米に同調してロシアの外交官などを追放した国の当局者についても同様に国外退去を命じると発表した。

今回の事件を受け、欧米諸国から国外退去命令を受けたロシア当局者は100人を超えている。

事件は今月4日、英南部ソールズベリーで発生。ロシアの元スパイであるセルゲイ・スクリパリ氏とその娘が神経剤で襲撃され、意識不明の状態で見つかった。

2人が入院している病院によると、スクリパリ氏は現在も重体だが、娘のユリア氏は快方に向かっている。

今回のロシア政府の対応は、暗殺未遂事件を受けて各国が一斉にロシア外交官の国外追放を発表したことへの報復措置とみられる。ただ、ロシアは各国と全く同じ措置で応じることで、事件を巡る欧米諸国との対立をエスカレートさせたくないという意向もにじませている。

英国政府は事件に使われた神経剤が旧ソ連軍が開発した「ノビチョク」だったとしてロシアの関与を主張。ロシアは関与を否定している。

英国はすでに、ロシア外交官23人を追放する制裁を課し、ロシアは同じく23人の英外交官を追放する報復措置をとっている。

これとは別に、英国の警察は、事件で使われた神経剤が最も高い濃度で検出されたのはソールズベリーにあるスクリパリ氏の自宅の玄関扉だったと発表した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

情報源:ロシア、米外交官60人を国外追放 英暗殺未遂巡る措置に報復 (ロイター) – Yahoo!ニュース

情報源:ロシア、米外交官60人を国外追放 英暗殺未遂巡る措置に報復


ロシアのリャブコフ外務次官=AP
ロシアのリャブコフ外務次官=AP

【モスクワ大前仁】ロシア外務省は29日、英南部の元露情報機関員暗殺未遂事件に絡みロシア外交官ら60人の国外追放を決めた米国への報復措置として、米外交官60人を追放すると発表した。第2の都市サンクトペテルブルクの米総領事館の閉鎖も決めた。ロシアは米国に同調した国々に対しても報復措置を取る構えで、双方の関係悪化が急速に進んでいる。

ロシアのリャブコフ外務次官は同日夕、米国のハンツマン駐露大使を呼び出し、4月5日までにロシア国内に駐在する外交官60人を国外退去させ、サンクトペテルブルクの総領事館を今月31日までに閉鎖するよう通告した。ラブロフ外相は米国とともに露外交官追放に踏み切った欧州諸国やカナダなどについても「すべて(の措置)は対称的なものだ」と述べ、各国が追放を決めたのと同数の外交官を追放する方針を示した。

これに対し、米国務省のナウアート報道官は29日の定例記者会見で「詳細を検討しながら、我々にはロシアによる報復に応じる権利がある」と述べ、ロシアに対して更なる報復措置に踏み切る可能性を示唆した。報道官は「英国での襲撃事件について対応してきただけだ。ロシアの反応は何ら正当化できない」と非難した。

露外交官追放措置では、米国が主導する北大西洋条約機構(NATO)や、ロシアと敵対する旧ソ連構成国のジョージア(旧グルジア)なども同調し、一斉追放されるロシア外交官は150人を超える。

暗殺未遂事件を巡っては、英ロンドン警視庁が28日、元情報機関員の自宅ドアなどに神経剤が塗られていたと発表したが、ロシア側は物的証拠のサンプルを提供するように求めるなど強気の姿勢を続けている。

情報源:<英暗殺未遂>ロシアも米外交官60人を追放 報復措置 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:英暗殺未遂:ロシアも米外交官60人を追放 報復措置 – 毎日新聞

ロシアの首都モスクワで、駐ロシア米外交官60人に対する国外退去処分と在サンクトペテルブルク米総領事館の閉鎖を発表するセルゲイ・ラブロフ外相(2018年3月29日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yuri KADOBNOV
ロシアの首都モスクワで、駐ロシア米外交官60人に対する国外退去処分と在サンクトペテルブルク米総領事館の閉鎖を発表するセルゲイ・ラブロフ外相(2018年3月29日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yuri KADOBNOV

 

【3月30日 AFP】(更新)ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相は29日、英国で起きたロシア人元二重スパイの暗殺未遂事件を受け米国が実施したロシア外交官追放への対抗措置として、ロシアに駐在する米外交官60人を国外退去処分とし、在サンクトペテルブルク(St. Petersburg)米総領事館の閉鎖を命じると発表した。

ラブロフ外相はモスクワでの記者会見で、「報復措置」の実施を米大使に通達したと説明。この措置には「同人数の外交官の追放と、在サンクトペテルブルク米総領事館の活動に対する許可取り下げの決定が含まれる」と述べた。米政府はこれに先立ち、ロシア外交官60人の追放と、在シアトル・ロシア総領事館の閉鎖を命じていた。

事件では、英イングランド南西部ソールズベリー(Salisbury)で、ロシア人の元二重スパイ、セルゲイ・スクリパリ(Sergei Skripal)氏と娘のユリア(Yulia Skripal)さん親子が神経剤で襲われた。英国はロシアが事件に関与したと非難。米国以外にも多くの国が、英国への支持を示すためロシア外交官を追放している。

ラブロフ外相は、ロシアはそうした国々にも報復措置を取ると表明。ロシアは「いわゆるスクリパリ事件を口実に、英米からの非常に厳しい圧力の下でわれわれに対して取られた絶対に受け入れられない行動」に対処すると述べた。

同外相は、英国が29日、ユリアさんの容体をロシア政府に伝えたと述べ、ロシア側は一市民であるユリアさんとの面会を求めたと明らかにした。同外相は、「われわれは(毒殺未遂事件の)真実を証明したい」と言明し、英国は「国際法をばかにしている」と非難した。(c)AFP

情報源:ロシア、米外交官60人追放・領事館閉鎖 元スパイ襲撃で応酬 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

情報源:ロシア、米外交官60人追放・領事館閉鎖 元スパイ襲撃で応酬 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News


米はロシアの報復措置を非難


「ロシアは被害者のようにふるまうな」米が強く非難
「ロシアは被害者のようにふるまうな」米が強く非難

アメリカ国務省のナウアート報道官は、29日の記者会見で、ロシアによるアメリカの外交官の追放措置について、欧米とのさらなる対立を招くだけだと指摘し、「ロシアは元スパイの暗殺未遂事件の被害者のようにふるまうのは止めるべきだ」と述べ、強く非難しました。

そのうえで、ナウアート報道官は「ロシアの措置に応える権利をとどめておく。今回の措置を分析し、適切に対処する」と述べ、報復措置の可能性も示唆しました。

また、ナウアート報道官は「ロシアとはよい関係を築きたいと考えているが、今回の措置はロシア側がアメリカとの関係改善に真剣ではないことを示している」と述べ、ロシア側を批判しました。

情報源:「ロシアは被害者のようにふるまうな」米が強く非難 | NHKニュース


【ワシントン=加納宏幸】英南部で起きたロシアの元情報機関員らへの神経剤襲撃事件を受けて米政府が決めたロシア外交官60人の国外追放に、ロシアが報復措置を表明したことを、米国務省のナウアート報道官は29日の記者会見で「ロシアの反応に正当な理由はない」と非難した。ロシア側の報復に応じ、追加制裁をする可能性も示唆した。

ナウアート氏は米国が英国などの欧州諸国と協調して外交官を追放するのは、ロシアが化学兵器禁止条約に違反する行為をしたためだなどとし、報復に出たロシアは「被害者のように振る舞うべきではない」と主張した。「さらなる対抗措置を取る権利が私たちにはある」とも語った。

ホワイトハウスのサンダース大統領報道官も29日の声明で「米外交官を追放するロシアの行動は米露関係をさらに悪化させる」とする声明を発表した。

情報源:【元スパイ襲撃】米、ロシアの報復措置を非難 「正当な理由ない」 – 産経ニュース


米 ロシア外交官60人国外追放へ EUの14か国なども一斉に


へぇ・・・


「ロシアが米に対抗措置 外交官60人追放へ、米はロシアの報復措置を非難「正当な理由ない」」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。