ビールの原料定義、4月から変更 果実やハーブ風味の新商品も – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

はぁ・・・


この春、これまでとはひと味違うビールが各社から登場する。4月1日に酒税法上のビールの定義が変わり、果実やハーブ、かつお節などが副原料として使えるようになるためだ。各社は新商品を打ち出し、低迷する市場の活性化を狙う。

ビールの原料は酒税法で規定されており、これまでは麦芽とホップ、水といった必須原料以外に副原料として麦、米、コーンなどが認められていた。果実を副原料にした場合は「ビール」ではなく、「発泡酒」の扱いだった。

ビール類の酒税が2026年に一本化されるのに先立ち、今回、税率区分の根拠になっているビールの定義が緩和された。キリンホールディングスの磯崎功典社長は「ビールのイメージが大きく変わる多様化元年になる。今までやりたくてもできなかった商品を出していきたい」と意気込む。

副原料によって果実やハーブ、花などいろいろな風味が付けられる。かつお節は発酵を促し、うま味が増すという。

情報源:ビールの原料定義、4月から変更 果実やハーブ風味の新商品も – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)


ふむ・・・