長崎空港 小型機胴体着陸はタイヤ出し忘れ 運輸安全委

長崎空港 小型機胴体着陸はタイヤ出し忘れ 運輸安全委 | NHKニュース

はぁ・・・


長崎空港で去年、訓練用の小型機が胴体着陸した事故について、国の運輸安全委員会が調査結果をまとめ、訓練生が操縦に気を取られ、タイヤを出し忘れていたことなどが原因と見られると指摘しました。

去年6月、熊本県にある崇城大学の訓練用の小型機が長崎空港に胴体着陸し、機体が損傷した事故について、運輸安全委員会が29日、報告書を公表しました。

それによりますと、小型機は訓練生が操縦し、着陸してすぐに飛び立つ「タッチアンドゴー」という訓練を繰り返していましたが、通常より手前に着陸する着陸方法を行うため操縦に気を取られ、タイヤを出す操作や着陸前の確認を忘れていたと考えられると指摘しています。

また、航空機を操縦する資格は機種ごとに異なり、この訓練生は、ほかの航空機で35年以上のパイロット経験があり、当日の操縦も安定していたため、同乗していた教官の注意力も低下していたと見られ、タイヤが出ていないことに気付かなかったと結論づけています。

報告書では、事故の防止策として、訓練生に対してチェックリストで離着陸の手順の確認を徹底させることや、教官に対して訓練生の飛行経験が豊富でも油断せず、いつでも操縦を交代できる態勢を維持するよう求めています。

情報源:長崎空港 小型機胴体着陸はタイヤ出し忘れ 運輸安全委 | NHKニュース


えぇ・・・