NHK「丁寧さ欠いた」と謝罪 Eテレアニメ「ねこねこ日本史」、デーモン閣下激似オリジナルキャラ登場問題で

ふむ・・・


デーモン閣下
デーモン閣下

NHKは27日、NHKEテレの「ねこねこ日本史」公式サイトなどで、ミュージシャンのデーモン閣下をイメージしたと思われるキャラクターを使用した件について謝罪した。

NHKは「2018年2月28日にEテレにて放送された番組「ねこねこ日本史」第64話において、高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現がとられていました」と説明。

そして「本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と謝罪した。

NHKの制作委員会も「当製作委員会のサイトの番組キャラクター紹介のコーナーにおいて、同キャラクターを『デーモン風高杉』の名称を付して紹介いたしました」と説明し、「丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と公式HP同様の文言で謝罪した。

今回の番組が放送された後、デーモンは自身のブログで「デーモン『風』ではなく『吾輩』そのものであり、高杉の要素はむしろ微塵も感じられない」と、自身そのものであると主張。「デザイン上の『偶然』とか『たまたま』似てしまったではなく、名前も含めて明らかに【吾輩の無断使用】である。言い逃れ不可能!」と許可無く肖像を使用されたことに激怒していた。

情報源:デーモンキャラ使用のNHKEテレ番組が謝罪「デーモン閣下、関係者にご迷惑かけた」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:デーモンキャラ使用のNHKEテレ番組が謝罪「デーモン閣下、関係者にご迷惑かけた」/芸能/デイリースポーツ online


NHKは27日、ネコが歴史上の人物に扮したEテレのアニメ「ねこねこ日本史」(水曜後6・45)の2月28日放送分で、アーティストのデーモン閣下の肖像を“無断使用”したことを番組公式サイトで謝罪した。デーモン閣下を直接的に意識させるキャラクター「デーモン風高杉」を登場させたが、演出方法などについて「丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いた」と原因を説明し、釈明。デーモン閣下は自身の肖像を無許可で使用されたとして今月15日にブログで猛批判していた。

公式サイトは「当(「ねこねこ日本史」)製作委員会が制作し、2018年2月28日に(NHK)Eテレにて放送された番組『ねこねこ日本史』第64話において、高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現がとられていました。また、当製作委員会のサイトの番組キャラクター紹介のコーナーにおいて、同キャラクターを『デーモン風高杉』の名称を付して紹介いたしました」と今回の事案を報告。

「本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法等について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と原因を説明。「皆様に深くお詫び申し上げるとともに、今後このようなことがないよう、一層留意してまいります」と謝罪し、再発防止を誓った。

デーモン閣下はブログで、最新話「第64話 破天荒シンガー、高杉晋作!〜破天荒MAX編」に登場した「デーモン風高杉」というキャラクターについて「『風』ではなく『吾輩)』そのものであり、高杉の要素はむしろ微塵も感じられない」と怒りをあらわに。 さらに「名前も含めて明らかに『吾輩の姿の無断使用』である」とバッサリ。

その上で「君たちは天下の公共放送のスタッフだぞ。何で当たり前の『許諾確認の段取り』が踏めなかったのかね?」などと記し、NHKからの誠実な対応を求めていた。

デーモン閣下が猛非難した後、最初のオンエアとなった21日は第39話「反逆のコレクター、平将門」を再放送。28日は第42話「超絶マルチクリエイターキャット、平賀源内!」を再放送。4月4日からは第3シリーズが始まる。
[ 2018年3月27日 12:00 ]

情報源:NHKが謝罪 アニメ「ねこねこ日本史」でデーモン閣下の肖像を無断使用「丁寧な相談を欠いた」 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:NHKが謝罪 アニメ「ねこねこ日本史」でデーモン閣下の肖像を無断使用「丁寧な相談を欠いた」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


デーモン閣下
デーモン閣下

NHKは27日、ミュージシャンのデーモン閣下が2月28日に放送されたEテレ・アニメ「ねこねこ日本史」(水曜・後6時45分)に対し「吾輩の肖像が吾輩に何のことわりもなく使用されているようだ」と抗議した件について、「デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪した。

同局では番組の公式サイトに謝罪文を掲載。「2018年2月28日にEテレにて放送された番組『ねこねこ日本史』第64話において、高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現がとられていました」と改めて説明。

「本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」とし、「皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と謝罪した。

デーモン閣下は今月15日にブログを更新し「デザイン上『偶然』とか『たまたま似てしまった』ではなく、名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である。言い逃れ不可能!」と抗議していた。

情報源:NHK、デーモン閣下の“肖像無断使用”を謝罪「大変ご迷惑をおかけしました」 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:NHK、デーモン閣下の“肖像無断使用”を謝罪「大変ご迷惑をおかけしました」 : スポーツ報知


デーモン閣下 (C)ORICON NewS inc.
デーモン閣下 (C)ORICON NewS inc.

歌手でタレントのデーモン閣下が、今月15日付の公式ブログでNHK・Eテレのアニメ『ねこねこ日本史』のキャラクターにおいて自身の肖像を無断で使用されたとして抗議していた件について、同アニメの公式サイトは27日に「今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と謝罪文を掲載した。

アニメサイトは「第64話について」のタイトルで「2018年2月28日にEテレにて放送された番組『ねこねこ日本史』第64話において、高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現がとられていました」と、経緯を説明。

「本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」とし「皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と結んだ。

閣下は15日のブログで「『ねこねこ日本史』(毎水18:45~)なる番組の、『第64話:破天荒シンガー、高杉晋作!~破天荒度MAX編~』にて、吾輩の肖像が吾輩に何のことわりもなく使用されているようだ。『デーモン風高杉』という名だが、『風』ではなく『吾輩』そのものであり、高杉の要素はむしろ微塵も感じられない」と怒りを露わにし「いずれにせよ本件は、某公共放送からの組織としての誠実な対応を求むしかない」と記していた。

情報源:NHKアニメ番組、デーモン閣下“肖像の無断使用”で謝罪文「一層留意してまいります」 (オリコン) – Yahoo!ニュース

情報源:NHKアニメ番組、デーモン閣下“肖像の無断使用”で謝罪文「一層留意してまいります」 | ORICON NEWS


該当の“デーモン風高杉”はアニメオリジナルのキャラクター。


Eテレアニメ「ねこねこ日本史」にミュージシャンのデーモン閣下にそっくりなキャラクター“デーモン風高杉”が登場した件について3月27日、NHKとアニメの公式サイトが「デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪しました(関連記事)。

NHKによるおわび文(NHKの番組公式サイトより)
NHKによるおわび文(NHKの番組公式サイトより)
アニメの公式サイトによるおわび文(ねこねこ日本史アニメ公式サイトより)
アニメの公式サイトによるおわび文(ねこねこ日本史アニメ公式サイトより)

問題となったのは2018年2月28日に放送されたアニメ「ねこねこ日本史」第64話。高杉晋作を模したキャラクターが、デーモン閣下そっくりに描かれていました。

64話のあらすじ(ねこねこ日本史アニメ公式サイトより)
64話のあらすじ(ねこねこ日本史アニメ公式サイトより)

これについて、NHKとアニメの公式サイトは「デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現」がとられていたとアニメ上の状況を説明。

当初掲載されていた64話のキャラクター紹介(ねこねこ日本史アニメ公式サイトより)
当初掲載されていた64話のキャラクター紹介(ねこねこ日本史アニメ公式サイトより)
現在掲載されている64話のキャラクター紹介(該当キャラクターが削除されている/ねこねこ日本史アニメ公式サイトより)
現在掲載されている64話のキャラクター紹介(該当キャラクターが削除されている/ねこねこ日本史アニメ公式サイトより)

本来であれば「(デーモン閣下を直接的に意識させる)顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべき」であったところ、「これを欠いた」として、デーモン閣下と関係者に謝罪しました。なお今後については「皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります」と締めくくっています。

騒動が話題になったのは3月15日にデーモン閣下が自身のブログで「名前も含めて明らかに【吾輩の姿の無断使用】である。言い逃れ不可能!」と不快感をあらわにしたことがきっかけ。同アニメはそにしけんじさん原作のマンガ『ねこねこ日本史』をアニメ化したものですが、ねとらぼ編集部の取材に対して出版元の実業之日本社は「デーモン風高杉」はアニメ版のオリジナルキャラクターであり、原作には登場しないことを明かしていました。

関連リンク

情報源:NHK「丁寧さ欠いた」と謝罪 Eテレアニメ「ねこねこ日本史」、デーモン閣下激似オリジナルキャラ登場問題で (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

情報源:NHK「丁寧さ欠いた」と謝罪 Eテレアニメ「ねこねこ日本史」、デーモン閣下激似オリジナルキャラ登場問題で – ねとらぼ



はぁ・・・