佐川氏 衆院予算委の証人喚問終わる

佐川氏 どう証言した? 午後の喚問のポイント

はぁ・・・


立憲民主党の逢坂政務調査会長代理は、記者団に対し、「国民から見れば、より疑念が深まったと思うし、『刑事訴追のおそれがあり答えられない』という答弁が頻発したことで、『犯罪のかげ』がちらついているということが逆に明らかになった。責任のすべてが財務省理財局にあり、佐川氏1人が責任を取ることで幕引きを図ろうとしているように思えてならない」と述べました。

情報源:立民 逢坂氏「1人で責任取り幕引き図ろうとしている」 | NHKニュース


財務省の決裁文書の改ざん問題をめぐり、佐川前国税庁長官は、衆議院予算委員会での証人喚問で、去年2月に安倍総理大臣が「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める」と答弁したことを受け、財務省内や総理大臣官邸との間で対応を協議したことはなかったと証言しました。また、佐川氏は、改ざんや森友学園との取り引きへの安倍総理大臣や昭恵氏の関与を重ねて否定しました。

森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書の改ざん問題をめぐり、午前の参議院に続き、午後は衆議院予算委員会が改ざん当時、財務省で理財局長を務めていた佐川前国税庁長官の証人喚問を行いました。

籠池氏の発言は協議に関係したか

自民党の石田真敏氏は、改ざん前の文書に森友学園側から「安倍総理大臣夫人の昭恵氏を現地に案内し、『いい土地ですから前に進めてください』との言葉をいただいた」と発言があったと記述されていたことに関連し、「平成25年に売り払いを前提とした土地の貸し付けの方針が決定された。それ以降の交渉で、籠池氏の発言は、その後の協議に関係したと思うか」とただしました。

これに対し、佐川氏は「書き換え前の文書の記述についてはコメントを控えるが、私が去年、国会で答弁するにあたって、局内でいろいろものを見て、部内から話を聞いたが、その経緯の中で、総理夫人の影響があったとは思っていない」と述べました。

首相や夫人の関与 重ねて否定

立憲民主党の逢坂誠二氏は、森友学園への国有地の貸し付けや売却について、「午前中、安倍総理大臣や昭恵氏が関わっていなかったと断言していたが、ゴミの算定をどうするとか、さまざまな要素にも関わっていないとなぜ断定できるのか」とただしました。

これに対して、佐川氏は「さまざまな事実関係を理財局内の職員から聞いて答弁しているが、そういう中で安倍総理大臣や夫人の話はなかったということだ」と説明し、安倍総理大臣や昭恵氏の関与を重ねて否定しました。

「首相答弁受けて官邸などと協議していない」

そのうえで、佐川氏は安倍総理大臣が去年2月に「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める」と答弁したことについて、この答弁を受けて財務省内や総理大臣官邸との間で対応を協議したことはなかったと証言しました。

「売却当時の局長から引継ぎは一切なかった」

また、佐川氏は、森友学園の問題について、去年2月に初めて知ったと述べたうえで、国有地を売却した当時の理財局長だった迫田元国税庁長官から、この問題の引き継ぎは一切なかったと説明しました。

繰り返し証言拒否

一方、財務省が今回の改ざんで、「佐川氏の関与の度合いが大きい」としていることや、いつ、書き換えを認識したのかなどの質問に対しては、「刑事訴追のおそれがあるので、答弁は控える」などと、繰り返し、証言を拒否しました。

「職員自殺の経緯は承知していない」

今月7日に自殺した近畿財務局の男性職員が「上からの指示で文書を書き直させられた」などといった内容が書かれたメモを残していたことについて、「その方が亡くなった経緯等々を一切承知していない」と述べました。

「夫人付き職員とのやり取り把握していない」

また、佐川氏は、財務省で国有財産を管理する室長と安倍総理大臣夫人の昭恵氏付きだった職員が連絡を取り合ったのは、電話で1回限りだったと認識しているものの、詳細なやり取りは把握していないと説明しました。

情報源:佐川氏 どう証言した? 午後の喚問のポイント | NHKニュース


財務省の決裁文書の改ざん問題をめぐり、佐川前国税庁長官の証人喚問が国会で行われ東京・有楽町では街頭のテレビを立ち止まって見る人の姿も見られました。

74歳の男性は「肝心なことは何も話をしないだろうと思っていましたが、想定通りの証人喚問でした。国民は納得していない人が多いと思うし、私も納得していません」と話していました。

また、祖父と一緒に見守った14歳の中学2年の男子生徒は「すでに文書の書き換えの事実が分かっているのに、あまりにも遠回しすぎる表現で、肝心なことを話しているようには見えません。自分の言動ひとことひとことに責任をもってほしいです」と話していました。

また、62歳の女性は「何も解決しておらず、すっきりしていません。事実を明らかにしてほしいですが、難しいと思います」と話していました。

情報源:佐川氏証人喚問 街頭でテレビを見た人たちは | NHKニュース


官房長官「指示していないから『なかった』と証言」
官房長官「指示していないから『なかった』と証言」

菅官房長官は午後の記者会見で、「証人喚問の中での証言について、政府としてのコメントは控えたい。いずれにせよ、財務省において捜査に全面協力するとともに、全容解明に向けた調査が進んでいる」と述べました。

また菅官房長官は、佐川氏が安倍総理大臣などから改ざんや土地の売却などに関して指示はなかったと証言したことについて、「何もしていないから『なかった』ということではないか」と述べました。

さらに菅官房長官は、野党が安倍総理大臣夫人の昭恵氏らの証人喚問を求めていることについて、「国会のことは、国会でお決めになることだろう」と述べました。

情報源:官房長官「指示していないから『なかった』と証言」 | NHKニュース


佐川氏 衆院予算委の証人喚問終わる
佐川氏 衆院予算委の証人喚問終わる

衆議院予算委員会で行われていた、佐川前国税庁長官の証人喚問は、午後4時12分ごろ終わりました。

情報源:佐川氏 衆院予算委の証人喚問終わる | NHKニュース


佐川氏「経緯は明らかにならず 最後は司法の判断」
佐川氏「経緯は明らかにならず 最後は司法の判断」

財務省の決裁文書の改ざん問題をめぐり、佐川前国税庁長官は、衆議院予算委員会での証人喚問で、証人喚問で真相が明らかになったと思うか聞かれたのに対し、「経緯などは答えていないので明らかになっていない。最後は司法の判断だと思う」と述べました。

情報源:佐川氏「経緯は明らかにならず 最後は司法の判断」 | NHKニュース


佐川氏 “面会記録廃棄答弁” 虚偽の認識ない
佐川氏 “面会記録廃棄答弁” 虚偽の認識ない

財務省の決裁文書の改ざん問題をめぐり、佐川前国税庁長官は、衆議院予算委員会での証人喚問で、去年、森友学園側との面会記録を「廃棄した」と国会で答弁したことについて、虚偽答弁だったいう認識はないと証言しました。

情報源:佐川氏 “面会記録廃棄答弁” 虚偽の認識ない | NHKニュース


佐川「売却当時の理財局長から引き継ぎは一切なかった」

佐川氏「首相官邸の指示なく 理財局の中で対応した」「国有地売却に首相や夫人などの指示なし」、麻生財務相「全容解明につながることを期待」


はぁ・・・