佐川氏「首相官邸の指示なく 理財局の中で対応した」

佐川氏「首相官邸の指示なく 理財局の中で対応した」「国有地売却に首相や夫人などの指示なし」、麻生財務相「全容解明につながることを期待」

終了。


佐川氏 参院予算委の証人喚問終わる
佐川氏 参院予算委の証人喚問終わる

参議院予算委員会で行われていた、佐川前国税庁長官の証人喚問は午前11時48分ごろ終わりました。佐川氏の証人喚問は、この後、午後2時から、衆議院予算委員会でも行われる予定です。

情報源:佐川氏 参院予算委の証人喚問終わる | NHKニュース


佐川氏 改ざん前文書に基づき答弁かと問われ 証言拒否
佐川氏 改ざん前文書に基づき答弁かと問われ 証言拒否

証人喚問で、去年2月から3月にかけての佐川前理財局長の国会での答弁について「改ざん前の文書の内容に基づいて答弁したのか」と問われたのに対し、佐川氏は「今のご質問ですと、決裁文書がいつ書き換えられたのかと結びつく話で、捜査の対象となるので答弁を控えたい」と述べました。

元の文書には国有地の貸し付けをめぐり、平成27年1月9日に「近畿財務局が森友学園を訪問し、国の貸付料の概算額を伝える」と記されていましたが、佐川氏はこれまでの国会答弁で「1月9日の記録はない」とか、「事前に価格を提示することはない」と述べていました。

これについて証人喚問で、「決裁文書と正反対のことを答えている。なぜなのか」と問われたのに対し、佐川氏は「1月9日に訪問したとかしないとかという話で、書き換え前の文書と違うのではないかという質問だが、私はその文書の事実をいつ知ったかということはやはり私自身がどう書き換えに関わったか、経緯がどうかという問題そのものだ。刑事訴追に関わるので答弁は差し控えたい」と述べ、証言を拒否しました。

また、決裁文書に記載された安倍総理大臣の妻の昭恵氏に関する記述を見たのかと問われたのに対しても、「見たのか見なかったのかは書き換えられたのかという問題そのものだ」として答えませんでした。

元の文書には1月9日に近畿財務局が貸付料を学園に伝えたあと、平沼赳夫元経済産業大臣や鳩山邦夫元総務大臣の秘書から財務省や財務局に対し、「高額であり、何とかならないか」という相談があったとする政治家などとのつながりも書かれていました。

補佐人は元検事 熊田彰英弁護士

証人喚問で佐川前理財局長の補佐人を務めているのは元検事の熊田彰英弁護士(48)です。
熊田弁護士は平成10年に検事に任官し、東京地検特捜部や法務省刑事局などで勤務したあと4年前に弁護士登録しました。
弁護士としては、脱税などの企業犯罪や企業不祥事への対応などを手がけ、▽今月23日に大手ゼネコン4社が起訴されたリニア中央新幹線の建設をめぐる談合事件や▽小渕優子元経済産業大臣の後援会の政治資金をめぐる事件で弁護を担当しています。

情報源:佐川氏 改ざん前文書に基づき答弁かと問われ 証言拒否 | NHKニュース


菅官房長官「国会での議論 政府はコメント控える」
菅官房長官「国会での議論 政府はコメント控える」

菅官房長官は閣議の後の記者会見で、「国会で定められたことに従って、きちんと対応されると思うが、国会でのご議論の一環であり、政府としてはコメントは控えるべきだ」と述べました。

情報源:菅官房長官「国会での議論 政府はコメント控える」 | NHKニュース


立民 辻元国対委員長「国民の期待裏切る証言」
立民 辻元国対委員長「国民の期待裏切る証言」

立憲民主党の辻元国会対策委員長は、記者団に対し、「国民の期待を裏切るような証言になっているのではないか。みずから『とかげの尻尾』になろうとして、すべて、財務省理財局で完結させて、幕引きを図ろうとしている意図を感じた。『佐川さん、そこまで背負いこむことないやろ』と思う。国有地売却の8億円の値引きについては、売却交渉当時、理財局長を務めていた迫田元国税庁長官や安倍総理大臣夫人の昭恵氏の証人喚問が必要だという思いをさらに強くした」と述べました。

情報源:立民 辻元国対委員長「国民の期待裏切る証言」 | NHKニュース


佐川氏「森友学園問題を今井秘書官と話したことない」
佐川氏「森友学園問題を今井秘書官と話したことない」

証人喚問で、佐川前理財局長は総理大臣秘書官の今井氏と森友学園の問題について話をしたことがないか問われたのに対し、「官邸との関係では、理財局の課長クラスの職員が答弁の調整をしていた。私自身の国会答弁について、今井氏と話をしたことはない」と述べました。また、国会答弁以外でも森友学園の問題について今井氏と話をしたことはないか問われましたが、「したことはない」と否定しました。

野党側は文書の書き換えについて「佐川氏のみに責任を負わせて、『政治は一切、責任を取らない』という態度が見られる。総理大臣に関係する国会答弁は、必ず総理大臣官邸に相談している」としたうえで、「特に、今井総理大臣秘書官は総理大臣官邸の司令塔としてもっとも情報を知りうる立場にあった」などとして、真相を究明するため今井氏の証人喚問を求めていく方針を確認していました。

情報源:佐川氏「森友学園問題を今井秘書官と話したことない」 | NHKニュース


東京都内にある佐川宣寿前国税庁長官の自宅前。27日朝、証人喚問に向かう佐川氏を取材しようと20人近くの報道陣が集まったものの、人の出入りはなく、カーテンも閉じられたままだった。

近所の住民によると、数カ月前までは、ごみを出したり、犬の散歩をしたりする普段通りの佐川氏の姿が見られたという。「3月初めに、迎えの車に乗り込むところを記者に取材されているのを見たのが最後。今は、家に帰っているのかどうかも分からない」。近くに住む年配の女性は小さな声で語った。

所得税の確定申告期間中だった今月9日の朝。決裁文書の書き換え疑惑が浮上したのを受け、佐川氏は財務省の福田淳一事務次官を通じて麻生太郎財務相に辞職を申し出た。

「決裁文書の国会提出時の担当局長であり、国会でこの1週間議論となり、責任を感じて辞職を申し出た」。この日夜、佐川氏は国税庁が入る財務省庁舎内で、報道陣を前に頭を下げた。だが、決裁文書改ざんへの関与を問われると「捜査を受けており一切コメントを差し控えたい」と説明を拒んだ。

財務官僚として事務次官に次ぐポストとされる国税庁長官。1949年の同庁発足以来、懲戒処分を受けて辞めたのは佐川氏一人だ。関係者によると、引退する長官に職員から贈られる恒例の花束は、佐川氏に手渡されることはなかった。

9日以降、国税庁では藤井健志次長が長官職を代行。同庁広報広聴室は「(長官の)部屋に私物は残っていない。あいさつ回りなどの予定もない」と説明する。一方で証人喚問に注目する職員は少なくない。「佐川氏は捜査を受けている立場。言いたいこともなかなか言えないのではないか」との見方があるほか、「いろんなことを背負わされたのだろう」と同情する声も漏れる。【松浦吉剛、土江洋範】

国税庁長官を辞任し、報道陣の取材に応じる佐川宣寿氏=東京・財務省で2018年3月9日午後9時11分、和田大典撮影
国税庁長官を辞任し、報道陣の取材に応じる佐川宣寿氏=東京・財務省で2018年3月9日午後9時11分、和田大典撮影

情報源:証人喚問:「佐川氏、背負わされたのだろう」国税庁職員 – 毎日新聞


麻生財務相「全容解明につながることを期待」
麻生財務相「全容解明につながることを期待」

麻生副総理兼財務大臣は、閣議のあとの記者会見で、国会で証人喚問を受けている佐川前国税庁長官について、「国会に提出された当時の決裁文書の最終責任者だ。結果として国会審議を混乱させ、また行政文書についての批判を集めるなど、国有財産行政の信頼を損なったと言わざるをえない」と述べました。

また、佐川前長官が証人喚問の冒頭で、みずからが捜査対象であることを理由に答弁を差し控えると発言したことについて、麻生副総理は「全容解明につながっていくことを期待する」と述べました。

情報源:麻生財務相「全容解明につながることを期待」 | NHKニュース


佐川氏 書き換え前文書の価格交渉の記述「答弁控える」
佐川氏 書き換え前文書の価格交渉の記述「答弁控える」

財務省の決裁文書の書き換え問題をめぐり、佐川前国税庁長官は、参議院予算委員会での証人喚問で、書き換え前の決裁文書に事前の価格交渉をうかがわせる記述があったことについて、「私がどのように関わったかの問題そのものなので、告発されている身なので答弁は控える」と述べました。

情報源:佐川氏 書き換え前文書の価格交渉の記述「答弁控える」 | NHKニュース


佐川宣寿前国税庁長官は27日、参院予算委員会での証人喚問で、財務省の決裁文書から安倍昭恵首相夫人に関する部分が削除された理由について「答弁を控えたい」と述べた。

また、学校法人「森友学園」への国有地貸し付けや売却契約で、安倍晋三首相や昭恵首相夫人の影響があったかどうかについては「あったとは考えていない」と述べた。

情報源:【佐川氏証人喚問】佐川氏、昭恵夫人関連部分が削除された理由は「答弁控えたい」 – 産経ニュース


学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書を財務省が改ざんした問題で、参院予算委員会は27日午前、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を開いた。佐川氏は理財局長当時、改ざんを把握していたかについて、刑事訴追を受ける可能性があるとして答弁を拒否した。

佐川氏は、改ざん問題で国会が混乱したことに関し「当時の担当局長として責任はひとえに私にある。深くおわび申し上げたい」と陳謝した。

首相や昭恵夫人、菅義偉官房長官、麻生太郎財務相のほか、官房副長官や首相秘書官、財務省の事務次官や他の局長らからの改ざんの指示の有無について問われ「(指示は)ございませんでした」と答えた。決裁文書の改ざんについて「当時の(財務省理財)局長として大変重い責任がある」と述べた。

佐川氏は森友学園問題が発覚した当時の財務省理財局長として、国会答弁を担当した。森友学園との価格交渉を巡る自らの国会答弁について、佐川氏は「路線価や公示地価といった話をすることはあるが、最後は不動産鑑定価格によって決まるという答弁をしてきた。私自身の答弁は今でもそういう意味では正しかった」と述べた。

森友学園との土地売買を巡る交渉記録を「破棄した」としていた自らの過去の国会答弁については「交渉記録に関し、財務省の文書管理規則がそういう取り扱いだったということのみを述べていた。今思えば丁寧さを欠いていた」と述べた。

証人喚問では佐川氏が文書の改ざんを指示していたか、政治家の関与があったのかなどが焦点になる。財務省は佐川氏の答弁にあわせて改ざんしたと主張している。

参院予算委の証人喚問で宣誓書を読み上げる佐川氏(27日午前)
参院予算委の証人喚問で宣誓書を読み上げる佐川氏(27日午前)

証人喚問は虚偽の証言をすると偽証罪に問われる可能性がある。一方で、刑事訴追を受ける恐れがある場合は証言を拒否することもできる。国会での証人喚問は森友学園前理事長の籠池泰典被告以来、約1年ぶりの実施となる。午後は衆院予算委員会で佐川氏の証人喚問を開く。

情報源:佐川氏、首相や昭恵氏からの指示否定 森友文書改ざん:日本経済新聞


「森友学園」国有地売却に関する決算文書改ざん問題を巡る27日の参院予算委の証人喚問で、当時財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官は、安倍晋三首相や昭恵首相夫人の関与の有無について「ございません」「ありませんでした」などと繰り返した。

また、麻生太郎財務相や秘書官らからの指示があったかどうかについても「指示はございませんでした。理財局の中で行われたと考えている。私自身が担当局長であり、大変重い責任がある」と述べると同時に「首相官邸の指示はなく理財局で対応した」と重ねて答えた。

一方、なぜ昭恵夫人の名前を削除したのかについては「刑事訴追を受ける恐れがあるので、差し控えさせていただく」と述べるにとどめた。【統合デジタル取材センター】

情報源:証人喚問:佐川氏「安倍首相や昭恵夫人の関与ない」 – 毎日新聞


佐川宣寿前国税庁長官は27日、参院予算委員会での証人喚問で、財務省の決裁文書から安倍昭恵首相夫人に関する部分が削除された理由について「答弁を控えたい」と述べた。

また、学校法人「森友学園」への国有地貸し付けや売却契約で、安倍晋三首相や昭恵首相夫人の影響があったかどうかについては「あったとは考えていない」と述べた。

情報源:【佐川氏証人喚問】佐川氏、昭恵夫人関連部分が削除された理由は「答弁控えたい」 – 産経ニュース


佐川氏「『特例』は首相夫人を意味しない」
佐川氏「『特例』は首相夫人を意味しない」

書き換え前の決裁文書に森友学園との国有地の取り引きについて「特例的」とか「特殊性」といった表現が記載されていたことについて「総理大臣夫人の関与を意味しているか」と問われたのに対し、佐川前理財局長は「通常は国有財産は売却するが、貸し付ける場合の期間は通達に3年と書いており、その期間は特例承認をもらって変えることができる。特例とはそういう意味だと昨年答弁している」と述べました。

そして「本件の特殊性」という記述は政治家の関与を意味しているものではないとしたうえで、安倍総理大臣の妻の昭恵氏が小学校の名誉校長だったことが影響したかと問われたのに対し、「その話は去年2月の最初のほうで知りました。
影響はありません」と否定しました。

情報源:佐川氏「『特例』は首相夫人を意味しない」 | NHKニュース


佐川氏 首相答弁受け「私の答弁変えていない」
佐川氏 首相答弁受け「私の答弁変えていない」

安倍総理大臣が国会で去年2月17日に「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める」と答弁したことが、文書の書き換えや佐川前理財局長の答弁に影響したと野党側は指摘しています。

これについて、証人喚問で佐川氏は「私も予算委員会で総理の答弁を聞いていました。でも、あの答弁の前と後で私が答弁を変えたという意識はありません」と述べました。

一方、太田理財局長は、これまでの国会で「理財局として政府全体の答弁は気にしていたと思う」と述べ、安倍総理大臣の答弁の影響について現時点ではわからないという見解を示していました。

情報源:佐川氏 首相答弁受け「私の答弁変えていない」 | NHKニュース


佐川宣寿前国税庁長官は27日、参院予算委員会での証人喚問で、森友学園との価格交渉をめぐる昨年の財務省理財局長時代の国会答弁について「路線価や公示地価といった話をすることはあるが、最後は不動産鑑定価格によって決まるという答弁をしてきた。私自身の答弁は、今でもそういう意味では正しかった」と述べた。

情報源:【佐川氏証人喚問】佐川氏証言 当時の価格交渉をめぐる国会答弁は「今でも正しかった」 – 産経ニュース


佐川宣寿前国税庁長官は27日の参院予算委員会での証人喚問で、財務省の決裁文書改竄(かいざん)をめぐり、安倍晋三首相、昭恵首相夫人、菅義偉官房長官、首相秘書官、麻生太郎財務相、財務相秘書官、内閣官房から指示があったかどうかについて、いずれに対しても「ございませんでした」と証言した。

情報源:【佐川氏証人喚問】佐川氏証言 首相や昭恵夫人らの指示は「ございませんでした」 – 産経ニュース


佐川氏 首相夫人の名前削除について「控える」
佐川氏 首相夫人の名前削除について「控える」

証人喚問で佐川前理財局長は文書の書き換えについて「安倍総理大臣の妻の昭恵氏の名前を消すために行われたのか」と問われたのに対し、「大変申し訳ありませんが、経緯に関わる話ですので、誰が指示、どのような対応で行ったのかは捜査の対象であり、刑事訴追のおそれがあるので控えさせていただきたい」と述べました。

近畿財務局が学園側への国有地の貸し付けについて本省に承認を求めた書き換え前の文書には平成26年4月28日の打ち合わせの際の学園側の発言として「安倍総理夫人を現地に案内し『いい土地ですから、前に進めてください』とのお言葉をいただいた」と記載されていたほか、昭恵氏が学園を訪問して講演したことなど5か所に昭恵夫人に関する記述がありました。しかし佐川氏は昭恵氏が講演したことについて「学園のホームページに載っているので見た担当者がいたかもしれないが、具体的な内容については知らない」などと答弁していました。

情報源:佐川氏 首相夫人の名前削除について「控える」 | NHKニュース


佐川氏「国有地売却に首相や夫人などの指示なし」
佐川氏「国有地売却に首相や夫人などの指示なし」

財務省の決裁文書の書き換え問題をめぐり、佐川前国税庁長官は、参議院予算委員会での証人喚問で、森友学園への国有地の貸し付けや売却で、安倍総理大臣や夫人の昭恵氏のほか、総理大臣官邸の関係者からの指示や圧力は無く、その存在の影響も無かったと述べました。

情報源:佐川氏「国有地売却に首相や夫人などの指示なし」 | NHKニュース


佐川氏「首相官邸の指示なく 理財局の中で対応した」
佐川氏「首相官邸の指示なく 理財局の中で対応した」

財務省の決裁文書の書き換え問題をめぐり、佐川前国税庁長官は、参議院予算委員会での証人喚問で、「本件は、理財局の国有財産部局の個別案件だ。したがって、こういう個別案件については、理財局の中で資料要求の対応をする」と述べました。そのうえで、佐川氏は、「財務省の官房部局に相談・報告したり、総理大臣官邸に対して報告をすることはないし、そういう意味では、財務省の官房や総理大臣官邸の指示もなく、理財局の中で対応した」と述べました。

情報源:佐川氏「首相官邸の指示なく 理財局の中で対応した」 | NHKニュース


佐川氏「責任はひとえに私に 深くおわび」
佐川氏「責任はひとえに私に 深くおわび」

財務省の決裁文書の書き換え問題をめぐり、佐川・前国税庁長官は、参議院予算委員会での証人喚問で、当時、理財局長を務めていたことの責任を問われ、「今回の決裁文書の書き換え問題によって、国会において大きな混乱を招き、行政の信頼を揺るがすような事態になったことは誠に申し訳ないと思っている。当時の担当局長として責任はひとえに私にある。深くおわびしたい。申し訳ありませんでした」と述べ、謝罪しました。

情報源:佐川氏「責任はひとえに私に 深くおわび」 | NHKニュース



はぁ・・・


「佐川氏「首相官邸の指示なく 理財局の中で対応した」「国有地売却に首相や夫人などの指示なし」、麻生財務相「全容解明につながることを期待」」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。