財務省担当者 事情聴取に「書き換えは佐川氏の指示と認識」

財務省担当者 事情聴取に「書き換えは佐川氏の指示と認識」 | NHKニュース

ふむ・・・


森友学園をめぐる決裁文書の書き換え問題で、財務省の担当者が大阪地検特捜部の任意の事情聴取に対し、「書き換えは当時の佐川理財局長の指示だったと認識している」などと説明していることが関係者への取材でわかりました。特捜部は今後、佐川氏からも事情を聴き、詳しい経緯を調べるものと見られます。

大阪地検特捜部は、森友学園への国有地売却をめぐる背任容疑などでの告発を受理し、その捜査の過程で文書の書き換えを把握していました。特捜部の任意の事情聴取に対し、財務省の担当者が「書き換えは当時の佐川理財局長の指示だったと認識している」などと説明していることが関係者への取材でわかりました。

関係者によりますと、特捜部は、本省の理財局の職員が近畿財務局に書き換えを指示したメールも把握しているということです。

決裁文書の書き換えについて、これまで財務省は佐川氏の国会答弁との整合性を取るため、去年2月下旬から4月にかけて本省の理財局の指示で行われたと説明しています。

一方、佐川氏は今月9日の会見で「捜査を受けている立場でコメントは差し控えたい」と述べていて、特捜部は今後、佐川氏からも任意で事情を聴き、詳しい経緯を調べるものとみられます。

情報源:財務省担当者 事情聴取に「書き換えは佐川氏の指示と認識」 | NHKニュース


はぁ・・・