ロシア、米鉄鋼・アルミ関税に対抗措置 輸入制限リストを用意

ふむ・・・


3月23日、インタファクス通信によると、ロシア産業貿易省は、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税に対抗し、米製品の輸入制限に関するリストを用意すると発表した。写真はロシアの国旗。モスクワの米大使館前で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Tatyana Makeyeva)
3月23日、インタファクス通信によると、ロシア産業貿易省は、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税に対抗し、米製品の輸入制限に関するリストを用意すると発表した。写真はロシアの国旗。モスクワの米大使館前で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Tatyana Makeyeva)

[モスクワ/ジュネーブ 23日 ロイター] – インタファクス通信によると、ロシア産業貿易省は23日、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入関税に対抗し、米製品の輸入制限に関するリストを用意すると発表した。

中国もトランプ米政権の輸入制限への報復措置を表明している。ロシアが米製品に対する輸入制限検討を明らかにしたことで、世界的な貿易戦争への懸念が高まっている。

産業貿易省のエフトゥーホフ副大臣は「われわれの見解を用意し、経済発展省に提示するとともに、世界貿易機関(WTO)に提訴する」と指摘。「おそらく対抗措置の提案を準備するだろう。米製品に対する制限だ。すべての国がそうするだろう」と語った。

ロシアの鉄鋼・アルミ各社は米国の関税の影響を重く受け止めていない。しかし産業貿易省は影響があるとしている。

エフトゥーホフ副大臣は、産業貿易省の暫定的な推計を踏まえ、鉄鋼各社に20億ドル、アルミには10億ドルの損失が生じる可能性があるとの見方を示した。ただ、この損失額が年間のものかどうかは、定かではない。

情報源:ロシア、米鉄鋼・アルミ関税に対抗措置 輸入制限リストを用意


はぁ・・・