ロシア火災64人死亡 経営者など4人拘束

ロシア火災64人死亡 経営者など4人拘束

はぁ・・・


ロシアのシベリアのショッピングセンターで発生した火災で、これまでに多くの子どもを含む64人が死亡し、複数の人たちと連絡が取れなくなっていて、捜査当局は安全管理を怠った疑いなどで4人を拘束し、出火の原因について調べを進めています。

ロシアのシベリアの都市ケメロボの中心部にあるショッピングセンターで、25日午後4時(日本時間の25日夜6時)ごろ、火災が発生しました。

ロシアの非常事態省などによりますと、この火災で、およそ1600平方メートルが焼け、多くの子どもを含む64人の死亡が確認されたほか、いまも10人が病院で手当を受けているということです。さらに、複数の人たちと連絡が取れなくなっているということで、消防が救出作業に当たっています。

火災が起きたショッピングセンターの近くの広場では、多くの市民がぬいぐるみや花を手向けて、犠牲になった人たちを追悼していました。

消防によりますと、火が出たのは、映画館や子ども向けの施設がある建物の4階部分で、地元のメディアは出火原因について、電気系統の故障や放火の可能性を伝えているほか、警報装置が作動しなかったため被害が拡大したと報じています。

ロシアで重大事件を担当する捜査委員会は26日、ショッピングセンターの経営者など4人を安全管理を怠った疑いなどで拘束し、出火の原因とともに、なぜ多くの人たちが逃げ遅れ、被害が拡大したのかについても捜査を進めています。

ロシアでは、多くの子どもたちが犠牲になったことに衝撃が広がっていて、プチコフ非常事態相とスクボルツォワ保健相の2人の閣僚が現地入りして対応に当たっています。

情報源:ロシア火災64人死亡 経営者など4人拘束 | NHKニュース


ロシア・シベリアのケメロボにあるショッピングモールで、消火作業に当たる消防隊員(2018年3月25日撮影)。(c)AFP PHOTO / Kommersant Photo / Sergei GAVRILENKO
ロシア・シベリアのケメロボにあるショッピングモールで、消火作業に当たる消防隊員(2018年3月25日撮影)。(c)AFP PHOTO / Kommersant Photo / Sergei GAVRILENKO

【3月26日 AFP】ロシア・西シベリア(Western Siberia)の工業都市ケメロボ(Kemerovo)にあるショッピングセンターで25日に発生した火災の死者数が、子どもらを含む64人に達したことが明らかになった。救助隊は翌26日、焦げたがれきをかき分けながら、遺体の収容に当たった。

地元テレビが放送した映像には、現場となったショッピングセンター「ウィンターチェリー(Winter Cherry)」から黒煙が立ち上る様子が捉えられていた。サウナやボウリング場、大型映画館などが入居するこの複合施設は日曜の午後、大勢の人でにぎわっていた。

ロシア連邦捜査委員会によると、25日午後4時(日本時間同6時)ごろ発生した火災により、映画館内の2つの上映ホールの天井が崩落したという。

テレビ局が伝えた目撃者らの話では、警報が聞こえなかったり、深刻に受け止めなかったりした人もおり、また火の回りが非常に早く、親と離れ離れになってしまった子も多かったという。

死者数は先に56人と報じられていたが、ウラジーミル・プチコフ(Vladimir Puchkov)非常事態相は、「火災が原因で、不運にも64人の死亡を記録した」と発表した。プチコフ氏によると、「最終的な死者数は64人で確定」したものの、うち6人の遺体は依然がれきの下に取り残されているという。(c)AFP/Anna MALPAS

情報源:ロシア商業施設火災の死者数、子ども含む64人に (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

情報源:ロシア商業施設火災の死者数、子ども含む64人に 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News


ロシアで商業施設火災 37人死亡、64人連絡取れず


ふむ・・・