広島・新井、開幕に間に合わず 松原チーフトレーナー「損傷度が小さかったのが幸い」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

シーズン中に復帰が間に合えばいいな。


広島は23日、新井貴浩内野手(41)が22日に広島市内の病院で「左腓腹筋挫傷」と診断されたと発表した。21日のランニング中に痛めた。全治は不明だが、30日の開幕戦には間に合わず、今後は3軍に合流してリハビリをする。松原チーフトレーナーは「損傷度が小さかったのが幸い。リハビリをしっかりやって戻ってくれたら」と話した。

昨季は100試合に出場し、2割9分2厘、9本塁打、48打点でセ・リーグ2連覇に貢献した。

情報源:広島・新井、開幕に間に合わず 松原チーフトレーナー「損傷度が小さかったのが幸い」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


ふむ・・・