フランスのスーパーで2人殺害 イスラム過激派のテロと断定

フランスのスーパーで2人殺害 イスラム過激派のテロと断定 | NHKニュース

ふむ・・・


フランス南部で23日、過激派組織IS=イスラミックステートの戦士を名乗る男が、スーパーマーケットの買い物客に発砲するなどして、合わせて3人を殺害し、マクロン大統領はイスラム過激派によるテロだと断定して、断固として立ち向かう姿勢を強調しました。

フランス南部の町トレブで23日、銃を持った男がスーパーマーケットに押し入って発砲し、買い物客と店員の2人を殺害したうえ、人質を取って立てこもり、およそ3時間後に警察の特殊部隊に射殺されました。

捜査を指揮するモラン検事によりますと、男は北アフリカのモロッコ出身で、現場近くの町、カルカソンヌに住むレドワン・ラクディム容疑者(25)で、自宅近くで通りがかった車に乗っていた人を殺害して車を奪ったということです。

その後、トレブに向かう途中、警察官4人に発砲し、1人に大けがをさせたほか、スーパーマーケットでは人質の代わりとなった内務省の幹部に発砲し、この幹部が重体となっているということです。

モラン検事はラクディム容疑者が襲撃の際、「神は偉大なり」を意味するアラビア語とともに、みずからを過激派組織IS=イスラミックステートの戦士だと叫んでいたことを明らかにしました。

事件を受けて、マクロン大統領は緊急に会見し、事件はイスラム過激派のテロだと断定したうえで、「テロ攻撃を受けるたびに示してきた強さを思い出してほしい」と国民に呼びかけ、テロに断固として立ち向かう姿勢を強調しました。

ISの関与主張

過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのある「アマーク通信」は23日、「攻撃を実行したのはISの戦士だ」と伝え、ISによる事件への関与を主張しました。

そのうえで、犯行の動機について、ISの掃討作戦を展開してきたアメリカ主導の有志連合の参加国を標的にするよう命じるISの呼びかけに応じたものだとしています。

フランスの捜査当局は、容疑者の男がISの戦士を名乗っていたことを明らかにし、事件とISとの具体的なつながりについて、今後、捜査を進めるとしています。

情報源:フランスのスーパーで2人殺害 イスラム過激派のテロと断定 | NHKニュース


はぁ・・・