韓国 イ・ミョンバク元大統領 逮捕へ

韓国 イ・ミョンバク元大統領 逮捕へ

ふむ・・・


韓国の通信社 連合ニュースによりますと、韓国の裁判所は、22日夜遅く、イ・ミョンバク元大統領に対して、検察が収賄などの疑いで請求していた逮捕状を出し、ソウル市内の自宅で待機しているイ元大統領は、まもなく逮捕される見通しです。韓国の大統領経験者が逮捕されるのは、去年のパク・クネ(朴槿恵)被告に続いて4人目となります。

2013年まで5年間にわたって韓国の大統領を務めたイ・ミョンバク氏は、みずからが実質的に所有しているとされる自動車部品会社の訴訟費用を財閥系企業のサムスン電子に肩代わりさせ、見返りにサムスン電子の会長に恩赦を与えたり、情報機関 国家情報院の資金を複数の大統領府高官を通じて不正に受け取ったりした収賄などの疑いが持たれています。

検察は、賄賂の総額が日本円でおよそ11億円に上るとしていて、先週、事情聴取を行ったうえで、今月19日、「重大な犯罪の疑いがあり、証拠隠滅のおそれもある」などとして、ソウル中央地方裁判所に逮捕状を請求しました。

これを受けて裁判所は、22日、逮捕状を出すのが妥当かどうかを判断するための審査を行っていましたが、韓国の通信社 連合ニュースによりますと、裁判所は、22日夜遅く、逮捕状を出しました。

韓国メディアによりますと、裁判所は「容疑者の地位や犯罪の重大性などに鑑み、証拠隠滅のおそれがあるので、拘束の必要性が認められる」と説明しているということです。

ソウル市内の自宅で待機しているイ氏は、まもなく逮捕される見通しですが、インターネットに「大統領になって過去の誤った慣行を絶ち、きれいな政治をしようと努力したが、不十分な部分があった。願わくは、いつか私の真の姿を取り戻し、言うべきことを言うことができると期待する」という声明を発表しました。

韓国の大統領経験者が逮捕されるのは、1995年のチョン・ドゥファン(全斗煥)、ノ・テウ(盧泰愚)の両氏、それに、去年のパク・クネ被告に続いて4人目となります。

情報源:韓国 イ・ミョンバク元大統領 逮捕へ | NHKニュース


収賄など疑い 韓国・李元大統領に逮捕状
収賄など疑い 韓国・李元大統領に逮捕状

巨額の賄賂を受け取った疑いなどが持たれている韓国の李明博元大統領に22日夜、逮捕状が出された。

ソウル中央地裁はさきほど、検察が請求していた李元大統領の逮捕状を発付した。李元大統領はこの後逮捕され、ソウル市内の自宅から拘置所に移送されるとみられる。

李元大統領をめぐっては、大統領在任中に情報機関から大統領府に裏金を上納させたり、自身が事実上所有するとされる会社の訴訟費用を肩代わりさせる形で、日本円で10億円を超える賄賂を受け取った疑いなどが持たれている。

これに対し李元大統領は、革新系の文在寅政権による保守陣営への政治報復だと激しく反発していて、先週行われた事情聴取にも容疑の大半を否認していた。

韓国の大統領経験者が逮捕されるのは、去年3月に収賄などの疑いで逮捕された朴槿恵前大統領に続きこれで4人目となる。

情報源:収賄など疑い 韓国・李元大統領に逮捕状(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:収賄など疑い 韓国・李元大統領に逮捕状|日テレNEWS24


【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地裁は22日夜、巨額収賄などの疑いが持たれている李明博(イ・ミョンバク)元大統領(76)の逮捕状を発付した。

李元大統領(コラージュ)=(聯合ニュース)
李元大統領(コラージュ)=(聯合ニュース)

韓国で大統領経験者の逮捕は全斗煥(チョン・ドゥファン)氏、盧泰愚(ノ・テウ)氏、朴槿恵(パク・クネ)氏(公判中)に次ぎ4人目となる。朴氏と李氏の大統領経験者2人が同時期に収監されることになった。

検察などによると、李氏は横領・背任や脱税、職権乱用などを含め約20の容疑を持たれていたが、逮捕状の請求に際しては10数の容疑が適用された。収賄が疑われる金額は、大統領在任中(2008~13年)に情報機関の国家情報院(国情院)が青瓦台(大統領府)に上納した資金やサムスングループが肩代わりした自動車部品メーカー「ダース」の訴訟費用など、110億ウォン(約11億円)台に上る。検察は「ダース」について、李氏の実兄が会長だが、実質的な所有者は李氏だと判断している。

情報源:[速報]李明博元大統領の逮捕状発付 韓国地裁


【ソウル=桜井紀雄】韓国のソウル中央地裁は22日、巨額の収賄や横領などの疑いで検察が請求した李明博(イ・ミョンバク)元大統領(76)の逮捕状を発付した。検察が間もなく逮捕する。韓国大統領経験者の逮捕は4人目。収賄罪などで公判中の前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告と2代続けて大統領経験者が同時期に刑事責任を問われる事態となった。

逮捕状発付の可否の審査では通常、容疑者本人の審問が行われるが、李容疑者が出席しないと通知したことを受け、地裁は書類だけで審査を進めた。「証拠隠滅の恐れがある」などとした検察の主張を認めたもようだ。李容疑者は、容疑の大半を否認し、今回の捜査を文在寅(ムン・ジェイン)大統領の左派政権による旧保守政権への「政治報復だ」として強く反発してきた。

李容疑者は2008~13年の大統領在任中、情報機関の国家情報院から裏金を上納させたり、李容疑者が事実上の所有者と検察側がみる会社の訴訟費をサムスングループに肩代わりさせたりするなど、計約110億ウォン(約11億円)の賄賂を受け取った疑いが持たれている。

韓国メディアによると、検察は約350億ウォンの横領のほか、脱税や職権乱用など計12前後の容疑で逮捕状を請求。検察は「朴被告の逮捕時の容疑と比べて質的・量的に軽くない」と指摘していた。

李容疑者は14日の取り調べで、国情院からの資金受け取りについては、対北朝鮮工作に充てたとの趣旨で一部認めたとされる。

情報源:李明博元大統領に逮捕状発付 朴槿恵被告に続き4人目 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:李明博元大統領に逮捕状発付 ソウル中央地裁、朴槿恵被告に続き4人目(1/2ページ) – 産経ニュース


【ソウル=桜井紀雄】韓国のソウル中央地裁は22日、巨額の収賄や横領などの疑いで検察が請求した李明博(イ・ミョンバク)元大統領(76)の逮捕状を発付するかどうか審査した。同日夜から23日未明に発付の可否を決定する見通し。逮捕されれば、収賄罪などで公判中の前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告を含め、韓国大統領経験者として4人目となる。

審査では通常、容疑者本人の審問が行われるが、李氏が出席しないと通知したことを受け、地裁は書類だけで審査することを決めた。

審査の間、李氏はソウルの自宅で待機するもよう。逮捕状が棄却されても、在宅起訴は避けられないとみられる。李氏は、今回の捜査を文在寅(ムン・ジェイン)大統領の左派政権による旧保守政権への「政治報復だ」として強く反発している。

李氏は2008~13年の大統領在任中、情報機関の国家情報院から裏金を上納させたり、李氏が事実上の所有者と検察側がみる会社の訴訟費をサムスングループに肩代わりさせたりするなど、計約110億ウォン(約11億円)の賄賂を受け取った疑いが持たれている。韓国メディアによると、検察は約350億ウォンの横領のほか、脱税や職権乱用など計12前後の容疑で逮捕状を請求した。

検察は「朴被告の逮捕時の容疑と比べて質的・量的に軽くない」と指摘した。

李氏は14日の取り調べで、国情院からの資金受け取りを対北朝鮮工作に充てたとの趣旨で一部認めたとされるが、大半の容疑を否認しているという。

情報源:李明博元大統領の逮捕状発付を審査 ソウル中央地裁、棄却でも在宅起訴不可避 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:李明博元大統領の逮捕状発付を審査 ソウル中央地裁、棄却でも在宅起訴不可避 – 産経ニュース


韓国・李明博元大統領を逮捕へ、巨額の収賄容疑で
韓国・李明博元大統領を逮捕へ、巨額の収賄容疑で

5年前まで韓国の大統領を務めた李明博(イ・ミョンバク)元大統領に逮捕状が出されました。まもなく逮捕される見通しです。

李明博氏は、在職中に企業などからおよそ11億円の賄賂を受け取った疑いがもたれていて、ソウル中央地検は先週、李明博氏を出頭させ、15時間近く事情聴取を行いました。

裁判所は逮捕状の発布について、「証拠隠滅のおそれがある」ことなどを理由に挙げています。

韓国で大統領経験者が逮捕されるのは、これで4人目です。

検察の関係者によると、本人は容疑をほぼ全面的に否認していて、裁判所が李氏から陳述を聞くはずだった22日の審理も欠席していました。

李氏はまもなく自宅で身柄を拘束され、拘置所に移送されます。

情報源:韓国・李明博元大統領を逮捕へ、巨額の収賄容疑で逮捕状(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:韓国・李明博元大統領を逮捕へ、巨額の収賄容疑で TBS NEWS


【ソウル大貫智子】韓国検察が収賄容疑などで請求した李明博(イ・ミョンバク)元大統領の逮捕状について、ソウル中央地裁は22日、発付の可否について書類審査のみで判断すると決めた。早ければ22日深夜にも結果が発表される見通し。逮捕された場合、大統領経験者の逮捕は4人目で、昨年3月に収賄容疑などで逮捕された朴槿恵(パク・クネ)前大統領以来、1年ぶり。

李氏は2008~13年在任。在任中に情報機関の国家情報院(国情院)から約7億ウォン(約7000万円)の裏金を当時の高官を通じて受け取った疑いがもたれている。また、李氏が実質的に所有していたとされる自動車部品製造会社「ダース」の米国での訴訟費用をサムスン電子に負担させ、見返りにサムスン電子会長に恩赦を与えた疑惑などもある。収賄額は約110億ウォン(約11億円)、生み出した裏金は約350億ウォン(約35億円)に上るとの指摘がある。聯合ニュースによると、逮捕状に記載されるのは収賄容疑のほか横領や脱税など12の容疑で、追加捜査次第で計約20まで増える可能性もあるという。

李氏は検察の聴取で容疑の大半を否認。検察は収賄の規模が巨額であることや、証拠隠滅の恐れがあるなどとして19日、逮捕状請求に踏み切った。これを受けて地裁は当初、22日に逮捕状発付の可否を判断する審問を開く予定だったが、李氏は「聴取で立場を十分明らかにした」として出席しない意向を表明。このため地裁は21日、審問中止を決定した。

保守系の李氏側は、革新系の文在寅(ムン・ジェイン)政権による政治報復と主張している。

情報源:韓国:李明博氏の逮捕状、可否を審査 ソウル中央地裁 – 毎日新聞


【ソウル時事】韓国のソウル中央地裁は22日、巨額収賄などの疑いが持たれている李明博元大統領(76)に対し、「証拠隠滅の恐れがある」などとして逮捕状を発付した。

韓国のテレビによると、検察当局が李元大統領を自宅から車両に乗せて連行した。拘置所に向かったとみられる。

李元大統領が逮捕されれば、大統領経験者の逮捕は昨年3月の朴槿恵前大統領(収賄罪などで公判中)以来となり、全斗煥、盧泰愚両氏を含め4人目。保守政権の大統領経験者2人が法廷に立つ異例の事態となりそうだ。

収賄などの容疑で逮捕状を請求したソウル中央地検によると、李氏は2008~13年の大統領在任中、情報機関の国家情報院(国情院)から約7億ウォン(約7000万円)の裏金を当時の高官を通じて受け取っていた疑いがある。

情報源:李明博氏を逮捕へ=巨額収賄容疑―大統領経験者で4人目・韓国 (時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:李明博氏を逮捕へ=巨額収賄容疑-大統領経験者で4人目・韓国:時事ドットコム


はぁ・・・