低体重の赤ちゃんの育児を支援する母子手帳アプリ

低体重の赤ちゃんの育児を支援する母子手帳アプリ | NHKニュース

ふむ・・・


低体重で産まれた子どもの育児を支援しようと、低出生体重児の保護者向けの母子手帳アプリが新たに開発され無料で提供が始まりました。

早産などによって2500グラム未満で産まれた低出生体重児は、成長や発達の遅れに対する保護者の不安が大きいとされています。
そこで、NTTドコモは、子育て支援のNPOと共同でスマートフォンなどで使える低出生体重児の保護者向けの母子手帳アプリを作り、無料で提供を始めました。

このアプリは月齢に合わせた身長や体重の推移をグラフで確認できるほか、成長への不安や悩みについて専門医からのアドバイスなどを読むことができるということです。

NTTドコモライフサポートビジネス推進部の西口孝広さんは「正しい知識を得て楽しく安心して子育てができるよう、今後も機能を充実させたい」と話しています。

情報源:低体重の赤ちゃんの育児を支援する母子手帳アプリ | NHKニュース


ほぉ・・・