【炎上】前川喜平の講演を受けた高校生、内容が異常だったと告発する | netgeek

はぁ・・・


加計学園問題を告発した元文部科学事務次官の前川喜平が各地で講演会を行い、一線を越えた小銭稼ぎに奔放している。講演の内容についてはよからぬ噂が飛び交っており、文部科学省が学校側に録音データの提出を求めるのも無理はない。

1人の勇気ある高校生が講演の内容が異常だったと告発した。

WEEDというハンドルネームを使う高校生はまず講演について「洗脳」という言葉を使った。

内容がよっぽど酷かったようだ。これより前、前川喜平とみられる匿名アカウントは講演会で憂さ晴らしができたと満足気に1人でつぶやいていた。

参考:前川喜平のTwitter裏アカウントが見つかって反日発言が続々発掘中

だがその一方で、生徒からすれば不満に感じる話だったという。

要するにモリカケ問題にかかわる前川喜平の愚痴を長々と聞かされたということ。前川喜平はそれですっきりしたかもしれないが、愚痴を聞かされる方はたまったものではない。

それに安倍総理の疑惑については前川喜平は何ら客観的な証拠を提示できておらず、国会では「安倍総理が関与していると思った」「~と感じた」という表現を連発した。その後、元上司の加戸前知事が新たな証言を行い、前川喜平を説教したのは大変印象深い一幕であった。

高校生はパンフレットの写真をアップし、寺脇研とコンビを組んでいるのか?と小馬鹿にする。写真を見ると確かにコンビのようだ。

講演のテーマは教育についてなのに、いざ出席してみると安倍総理の悪口を聞かされただけだった。

事前情報がなければ「元文部科学事務次官」という権威ある肩書で騙されてしまう高校生もいるだろう。そういう意味ではまさに「高校生を洗脳」と表現すべき講演会だったのかもしれない。

今回の告発により、文部科学省が録音データの提出を求めたことに正当性があることが証明された。このまま前川喜平を野放しにしておくわけにはいかず、しっかりと牽制しておくことが大事だろう。

情報源:【炎上】前川喜平の講演を受けた高校生、内容が異常だったと告発する | netgeek


ふむ・・・