【囲碁】十段戦第2局、始まる プラン参加者ら緊迫する対局室に入り初手「体感」 – 産経ニュース

ほぉ・・・


囲碁・十段戦第2局。観戦プランの参加者ら(手前)が特別に対局室に入って、対局開始を見守った=22日午前、埼玉県戸田市
囲碁・十段戦第2局。観戦プランの参加者ら(手前)が特別に対局室に入って、対局開始を見守った=22日午前、埼玉県戸田市

井山裕太十段(28)=七冠=に村川大介八段(27)が挑戦する産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第56期十段戦五番勝負」の第2局が22日、埼玉県戸田市の戸田市文化会館で始まった。

第2局では、一般を対象にした観戦宿泊プランを実施。プランの参加者らは22日、特別に対局室に入り、息詰まるような対局開始に立ち会った。

せきの音すら響くような対局室の空気に、参加者らは緊張した様子。村川八段に続いて井山十段が対局室に入ると、緊迫感は一層強まった。

午前9時半、立会人の小松藤夫八段の合図で対局が開始。参加者らは、先手の井山十段の初手や続く村川八段の手が打たれる様子を間近でじっと見守っていた。

参加者の1人で、大学院を修了したばかりという男性(29)=東京都=は「テレビやインターネットで対局の様子を見たことはあったが、実際の緊張感を肌で感じることができた」と話していた。

第3局(4月12日、長野県大町市)でも前夜祭に参加し、対局を観戦できるプランを実施します。問い合わせはサンケイツアーズ(電)03・5283・8250(平日午前9時半~午後5時半、土曜は午後3時まで)。

情報源:【囲碁】十段戦第2局、始まる プラン参加者ら緊迫する対局室に入り初手「体感」 – 産経ニュース


ふむ・・・