日本年金機構から入力業務を委託されていた業者、契約で禁止されていたにも関わらず中国の業者に再委託 | スラド IT

予算をもっとつければいい。


日本年金機構からマイナンバーを含む個人情報の入力業務を委託された業者が、契約では業務の再委託が禁止されていたにも関わらず、この業務を中国の業者に再委託していたことが明らかになった(NHK産経新聞読売新聞時事通信)。

日本年金機構は昨年8月に業務をこの業者に委託。しかし、遅れやミスなどが目立ったことから調査したところ、昨年10月時点で当初800人とされていた作業人員が200人未満だったことなど、契約と異なる体制での作業が行われていたことが分かったという。さらに今年1月に行った特別監査では氏名の入力を中国・大連の業者に再委託していたことが判明したが、ほかに業者が見つからなかったため業務委託を継続していたという。再委託した業者にはマイナンバーなどの情報は提供しておらず、個人情報の流出も確認されていないという。

そのほか、約95万2000人分で入力ミスがあったことも発表されている。中国の業者が行った作業には入力ミスなどは無かったとのこと。

情報源:日本年金機構から入力業務を委託されていた業者、契約で禁止されていたにも関わらず中国の業者に再委託 | スラド IT


安くしようとする、仲介業者を見逃すからダメになる。