アルコール燃料でも走る世界初HV、トヨタ公開

へぇ・・・


トヨタ自動車は20日、エタノールなどのアルコール燃料と、ガソリンのどちらでも走れる「フレックス燃料車」のハイブリッド車(HV)を試作し、ブラジルで公開したと発表した。フレックス燃料車の試作HVは世界初としている。耐久性や性能を試験し、現地で1~2年以内に発売する。

トヨタによると、ブラジルではフレックス燃料車が新車販売の約90%を占めており、トヨタも主力セダン「カローラ」などのフレックス燃料車を販売している。

二酸化炭素(CO2)を生育の過程で吸収するサトウキビを原料とするエタノールと、HVの高い燃費性能を組み合わせ、CO2排出量を大きく削減できるという。

試作車はHV「プリウス」をベースにした。実際に販売する車種は明らかにしていない。(共同)

情報源:トヨタ:エタノールでも走るHV ブラジルで発売へ – 毎日新聞


トヨタ自動車がブラジルで公開したハイブリッドのフレックス燃料車
トヨタ自動車がブラジルで公開したハイブリッドのフレックス燃料車

トヨタ自動車は20日、ガソリンのほかバイオエタノールなどのアルコール燃料でも走る「フレックス燃料車」(FFV)のハイブリッド車(HV)を試作し、ブラジルで公開したと発表した。

FFVのHVは世界初といい、1~2年以内にブラジルで発売する予定。

バイオエタノールはガソリンより安く、原料のサトウキビなどが成長過程で二酸化炭素(CO2)を吸収するので実質的な環境負荷が小さいとされる。ブラジルではFFVが新車販売の約9割を占める。

試作HVは「プリウス」をベースにしており、従来のFFVに比べ環境性能が大幅に向上するという。実際に発売する車種は未定となっている。

情報源:アルコール燃料でも走る世界初HV、トヨタ公開 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


ふむ・・・