生後9ヶ月で180cmにもなる最も世界で大きい犬が話題に! | ゴゴ通信

でけぇ・・・


【簡単に説明すると】
・生後9ヶ月で180cmにもなる犬?
・巨大の秘密は遺伝子
・何故この犬を飼うようになった……

体重が80kgで、まっすぐに立ち上がった際に180cmを超えるという生後9ヶ月の犬が話題になっている。
アメリカのユタ州ソルトレイクシティに住んでいるユーフラテスという名前の雌犬。

生後9ヶ月で体重80kg、肩までの高さが80cmを超えた犬は未だかつていないとしており、ネットでギネス記録やユーフラテスと月年齢がほぼ同じある犬を調査したがそれ以上の犬は存在しなかった。

ユーフラテスが巨大な理由は7000年前に絶滅した大型犬種に最も近い遺伝子を受け継いでいた新種犬だからである。

この犬は古代メソポタミア文明で戦闘の際に利用されていた犬種。しかし改良された犬種は新種となるのでユーフラテスがどのように成長するかはまだ未知だという。

この犬を散歩に連れて行くと多くの人は成犬だと思ってしまうと言う。しかしまだ産まれて9ヶ月。

飼い主がこのような大きな犬を飼うようになったのは、近所で空き巣を目撃したからだ。そのとき強盗は家の中に居た犬を窓の外に放り出して殺してしまった。それを見た飼い主は精神的なショックを受けて、飼育士と相談して、新種の繁殖プログラムがあることを知り、それに参加。その第一号となった。

戦闘に使用された犬だが、表に出れば人々と接して優しい犬だという。

ソース

情報源:生後9ヶ月で180cmにもなる最も世界で大きい犬が話題に! | ゴゴ通信


ほぉ・・・