データ入力漏れなどで…年金少なく支給も

データ入力漏れなどで…年金少なく支給も|日テレNEWS24

はぁ・・・


都内の会社が年金の個人情報を中国の業者に渡していた問題で、日本年金機構は、この会社によるデータの入力漏れなどが原因で、年金が最大で5万円も少なく支給されたケースがあることを明らかにした。

日本年金機構によると、「SAY企画」は年金機構から年金の個人情報のデータ入力を委託されていたが、約501万人の「名前」と「ふりがな」を契約に違反して中国の業者に再委託していたという。今のところ再委託による個人情報の流出は確認されていないという。

さらにSAY企画による委託業務で、計95万人分についてデータの入力漏れや誤りなどがあったとみられることが分かった。このうち、入力漏れのあった約8万4000人については、先月、年金が1万円から5万円少なく支給されていたという。

さらに、入力の誤りも約31万8000人についてあったとみられ、この中にも、年金が少なく支給されたケースがあるという。

機構は、来月の支払い時には受給者に正確な金額の年金を支払いたいとしている。

情報源:データ入力漏れなどで…年金少なく支給も(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:データ入力漏れなどで…年金少なく支給も|日テレNEWS24


ふむ・・・