井山裕太7冠「見せ場なかった」朴九段に屈し準優勝

残念でした。


囲碁の国際棋戦、第2回ワールド碁チャンピオンシップは19日、東京都千代田区の日本棋院で決勝が打たれ、黒番の井山裕太碁聖(28)は前回の優勝者、韓国の朴廷桓九段(25)に128手まで、白番中押しで敗れ、初優勝を逃した。

井山碁聖は2013年、早碁のテレビ囲碁アジア選手権で世界戦初優勝を果たしたが、ワールド碁のような持ち時間が長い棋戦ではまだ優勝がなく、今回は初制覇が懸かっていた。2月には、国際棋戦のLG杯決勝で敗れている。

今回のワールド碁は、持ち時間各3時間。日本、中国、韓国と台湾のトップ棋士6人が争い、朴九段と共に「世界の2強」とされる柯潔九段(20)も出場した。18日の準決勝で、井山碁聖は日本の山下敬吾九段(39)を、朴九段は柯九段を破り、決勝に進出していた。

情報源:井山、決勝で敗北 第2回ワールド碁/囲碁 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)


囲碁の第2回ワールド碁チャンピオンシップは19日、東京・市ケ谷の日本棋院で決勝が打たれ、黒番の井山裕太7冠(28)は惜しくも準優勝に終わった。韓国の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(25)に屈し、連覇を許した。「序盤で苦しくしてしまい、見せ場らしい見せ場がなかった」と、残念そうだった。

井山は先月、都内で行われた同じ世界棋戦「第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負」でも、中国の謝爾豪(しゃ・じごう)五段(19)に1勝2敗で、準優勝に終わっている。

この日、大盤解説会に訪れたファンの前で、「もうちょっと実力を伸ばしてきます」と話していた。

第2回ワールド碁チャンピオンシップで惜しくも準優勝に終わった井山裕太7冠
第2回ワールド碁チャンピオンシップで惜しくも準優勝に終わった井山裕太7冠

情報源:井山裕太7冠「見せ場なかった」朴九段に屈し準優勝 – 社会 : 日刊スポーツ



へぇ・・・