iPSから樹状細胞、マウスのがん抑制 和歌山県立医大:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


iPS細胞からつくる樹状細胞を使う将来のがん治療のイメージ
iPS細胞からつくる樹状細胞を使う将来のがん治療のイメージ

ヒトのiPS細胞からつくった「樹状細胞」を使い、マウスのがんが大きくなるのを防ぐ効果を確認したと、和歌山県立医大のチームが19日、発表した。今後、ヒトのがん細胞を使った実験も進め、がんの新たな治療法につなげたいとしている。

樹状細胞は免疫の司令塔で、がん細胞を攻撃するT細胞の働きを活発にする。チームは健康な人の皮膚からiPS細胞をつくり、樹状細胞に変化させた。さらに、がんの目印を覚えるように遺伝子を改変した。

この樹状細胞によって、免疫を担うT細胞が活性化し、特定の目印がある胃がんの細胞を効率よく攻撃することを確認。また、この樹状細胞をがんになったマウスに注射すると、15日後には生理食塩水を注射したマウスに比べて、がんの体積を4分の1に抑えることができた。

チームは、がん患者の血液からつくるiPS細胞を使ってこの方法を応用し、患者の体に戻す新たながん治療を想定している。山上裕機教授は「患者さんの治療をするにはまだ時間がかかるが、免疫の働きのアクセルを踏む治療法になる可能性がある。オプジーボのような免疫のブレーキをはずす治療と組み合わせればより効果が高まるかもしれない」と話している。(合田禄)

情報源:iPSから樹状細胞、マウスのがん抑制 和歌山県立医大 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:iPSから樹状細胞、マウスのがん抑制 和歌山県立医大:朝日新聞デジタル


へぇ・・・