アップル、画面を自社開発か 次世代パネルの設計・生産開始 米報道、日韓企業に打撃も – SankeiBiz(サンケイビズ)

ふむ・・・


米ブルームバーグ通信は18日、IT大手の米アップルが将来の製品のディスプレーとして使うため、次世代パネル「マイクロLED」の設計と生産を始めたと報じた。現在は試験段階で、少量を生産し、実際に製品に使われるまでには数年かかる見込みという。

アップルが自らマイクロLEDの量産技術を確立すれば、同社にディスプレーを納入している経営再建中の中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)や、韓国のサムスン電子などに影響が及ぶ可能性もある。東京証券取引所第1部では19日午前、JDIの株価が下落した。

マイクロLEDを使えば画面をより明るくすることができるほか、製品をより薄くしたり、電力消費を少なくしたりすることもできるとされる。

アップルが技術開発を自社で行い、量産は外部の企業に委託する可能性があるという。(共同)

アップル社のロゴ(ロイター)
アップル社のロゴ(ロイター)

情報源:アップル、画面を自社開発か 次世代パネルの設計・生産開始 米報道、日韓企業に打撃も – SankeiBiz(サンケイビズ)


へぇ・・・