山形サクランボ収穫、農閑地リレーで人手確保へ : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ふむ・・・


サクランボ生産量日本一の山形県で、地元JAが収穫最盛期(6~7月)の人手を確保するため、他県のJAと連携して、農閑期の地域のアルバイトを活用する「リレー形式」の取り組みに乗り出す。

JA担当者は「サクランボ収穫は短期決戦。一人でも多くの人に山形に来てもらいたい」と期待を寄せる。

JA山形中央会によると、アルバイトは比較的長期の契約を希望する人が多く、収穫期が約1か月半と短いサクランボ収穫は人が集まりにくい。昨年は県内を中心に400人の求人を出したが、半数の約200人の雇用にとどまった。「収穫が追いつかないうえ、箱詰め作業も間に合わず、廃棄するサクランボは多い」(山形県東根市の農家)という。

情報源:山形サクランボ収穫、農閑地リレーで人手確保へ (読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:山形サクランボ収穫、農閑地リレーで人手確保へ : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


へぇ・・・