36道府県で保険料アップ 75歳以上の医療、4月から – 共同通信

へぇ・・・


75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度で、2年ぶりに見直される4月からの保険料の1人当たり平均額が、36道府県で現在より上がる見通しであることが17日、共同通信の集計で分かった。最高では年間5千円近く上昇する。比較的所得の低い人や、74歳まで会社員や公務員の扶養家族だった人向けの特例的な軽減措置が廃止、縮小されることが主な要因。下がるのは11都府県にとどまる。

介護保険料も多くの自治体で引き上げられる見込み。年金額は据え置かれるため、多くの高齢者世帯の家計は圧迫されることになりそうだ。

上昇する率と額が最も大きいのは福井県で8.9%、年4904円。

後期高齢者医療制度の経過
後期高齢者医療制度の経過

情報源: 36道府県で保険料アップ 75歳以上の医療、4月から – 共同通信


ふむ・・・