ひふみん、藤井六段を“秀才型の天才”と評価も強気崩さず「余裕のよっちゃんなの」 : スポーツ報知

へぇ・・・


昨年引退した将棋の「ひふみん」こと加藤一二三・九段(78)が17日放送のテレビ東京系「いい旅・夢気分 春の絶景SP」(後6時半)に出演し、藤井聡太六段(15)について語った。

娘と孫娘とともに熱海を旅したひふみんは大好物のハンバーグを食べながら「藤井さんは14歳で四段になって、私も同じ14歳で四段になったんですけど、四段になった少年が1年くらいで、70勝したというのは空前絶後ですね。これは天才の証しです。秀才型の天才。良く研究してそれが、成功して勝っている。しかもほとんど完璧勝利なの」と孫に向かって語りかけ、藤井六段の才能を評価した。

その一方で、負けず嫌いの一面も。孫に向かって「(自分は)藤井さんが抜くことが不可能な記録を10ぐらいもっているので余裕のよっちゃんなの」と笑顔で語った。

最後の対局で記者会見を行わなずに帰宅したことを問われると、「負けたときはですね。将棋会館をひとり静かに去って、家に帰って『負けた』と言ったら、妻が『お疲れさまでした』と言って、ネクタイをプレゼントしてくれました。ある意味、妻も引退を覚悟していたこともあって、羊の模様のねネクタイで…」とエピソードを披露した。

加藤一二三
加藤一二三

情報源:ひふみん、藤井六段を“秀才型の天才”と評価も強気崩さず「余裕のよっちゃんなの」 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:ひふみん、藤井六段を“秀才型の天才”と評価も強気崩さず「余裕のよっちゃんなの」 : スポーツ報知


(2:07:23あたりから)


ほぉ・・・