ごみ量算出、業者「虚偽」 「森友・財務局から働きかけ」 大阪地検に説明:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


学校法人・森友学園(大阪市)への国有地売却で、8億円超の値引きの根拠とされたごみの撤去費の算出に関わった業者が、大阪地検特捜部の任意聴取に、積算は虚偽の写真が根拠になった、と説明していることが関係者への取材でわかった。学園と財務省近畿財務局からの働きかけがあったとも証言。ごみの量を過大に報告し、値引き額に影響を与えた可能性がある。

▼2面=佐川氏の責任前面、4面=焦点採録、15面=耕論、34面=行政の責任とは、39面=デモ「徹底究明を」

ごみの量の積算に際し、業者は2016年3月下旬に試掘し、「深さ3・8メートルまでごみが混入」との結果を財務局に提出。その根拠として、掘った穴にメジャーが差し込まれた現場写真が添付された。

しかし、関係者によると、業者は特捜部に、写真は実際には3メートルより浅い地点で撮られたものだったと証言。ごみの量は深さと面積などで算出される。ごみがある場所が深いほどごみの量は多いとみなされ、最終的な値引き額に影響する。業者は過大報告について、学園と国から働きかけられたとも説明しているという。

財務局は最終的に、16年6月20日に更地の鑑定価格から8億1900万円を値引き。1億3400万円で売却した。

特捜部は、国有地売買をめぐって背任容疑の告発を受理し、近畿財務局の担当者や学園側の関係者らから任意で事情聴取。学園と近畿財務局からの働きかけがどのようなものだったかや、差し込んだメジャーの位置に問題がなかったかなどについて、詳しく聴いているとみられる。

16日の参院予算委員会では野党が「3・8メートルの地点でごみを確認したのか」と質問。石井啓一・国土交通相は「試掘の後、現場を確認したし、その後写真がついた報告書でも確認している」と従来の主張を繰り返した。

森友学園側から国に提出された、「深さ3・8メートルからごみが出た根拠」とされる3枚の写真のうちの1枚。上部にごみはあるが、深さは判別できない
森友学園側から国に提出された、「深さ3・8メートルからごみが出た根拠」とされる3枚の写真のうちの1枚。上部にごみはあるが、深さは判別できない

情報源:ごみ量算出、業者「虚偽」 「森友・財務局から働きかけ」 大阪地検に説明 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:ごみ量算出、業者「虚偽」 「森友・財務局から働きかけ」 大阪地検に説明:朝日新聞デジタル


はぁ・・・