ハーグ条約に基づく子どもの返還拒否は「違法」、最高裁が初の判断

ハーグ条約に基づく子どもの返還拒否は「違法」、最高裁が初の判断 TBS NEWS

ふむ・・・


ハーグ条約に基づく子どもの返還命令を拒否した母親に対し、父親が引き渡しを求めた裁判で、最高裁は返還の拒否について「特段の事情がない限り違法だ」とする初めての判断を示しました。

この裁判は、子どもを連れて日本に帰国した母親が、ハーグ条約に基づく返還命令を拒否したため、アメリカに住む父親が人身保護法に基づいて、子どもの引き渡しを求めたものです。

一審の名古屋高裁金沢支部は「引き渡しは子の意思に反する」として、父親の訴えを退け、父親が上告していました。

15日の判決で最高裁は「ハーグ条約の返還命令に従わず、子どもを拘束している場合は、特段の事情がない限り、顕著な違法性がある」とする初めての判断を示しました。その上で、子どもを父親に引き渡すためには、母親と子どもに出頭させる必要があることから、審理を名古屋高裁金沢支部に差し戻しました。

情報源:ハーグ条約に基づく子どもの返還拒否は「違法」、最高裁が初の判断(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:ハーグ条約に基づく子どもの返還拒否は「違法」、最高裁が初の判断 TBS NEWS


はぁ・・・